【起業あるある】動き出した自分に誇りを持とう。ただし仕事では「経験値の落とし穴」にも気をつけよう!

   
【起業あるある】動き出した自分に誇りを持とう。ただし仕事では「経験値の落とし穴」にも気をつけよう!
   

カイエダ

おもてなしブログ®︎専門家カイエダです。
この記事では、起業に際してのアドバイスや教訓をお伝えします。
テーマは「動き出した自分に誇りを持とう。ただし仕事では『経験値の落とし穴』にも気をつけよう」ということをお話しますね。


相談者


経験値の落とし穴…って、どういうこと?

最初の一歩を踏みだすことに自信を持とう

先日Facebookで次のような投稿をしました。

小説家・唯川恵さんの言葉を引用し、私の考えも付け加えてみた投稿です。

最初の一歩を踏みだすこと。
結果は後からついて来る。
もちろん希望通りの結果とは限らない。
でも、踏みださない人に、結果は決してやって来ない。
小説家・唯川恵

 

変わろうと思って動く勇気があるなら、動いた自分に自信をもって、進んでいけばいいのです。
眼前にどんなに大きな壁があろうとも、変わろうと動いたこと。

それがまず、すごいのです。

多くの人が動けない、というのが現実ですから。

 


カイエダ
ぜひ、動き出した自分に誇りを持って欲しいと思います。

 

 

起業すると、決断の連続だとは思いませんか?

自分ひとりで仕事をするというのは、決断の連続です。

よく転ぼうが悪く転ぼうが、すべて自分の責任となります。

 

ですから、ある程度「無知」だったり、何も知らない状況での決断や選択となるわけです。

 

うまい話に乗ってしまったり、判断ミスで失敗した〜!ということも多々あります。

とはいえ、決断し、動き出したあなたは「すごい」のですよ。

それをまず、認めてあげましょう。

 


カイエダ

もし失敗した〜〜!ということがあっても、何度でもやり直せるので安心してください。

 

ここで、この話を美談で終わらせずに(笑)、私の経験も踏まえた教訓を深掘りします。

あなたが、できることならば、仕事で傷つかないために。

 

 

 

挫折を経験すると経験値が上がる。その時の「落とし穴」を知っておこう。

挫折したり、一瞬くじけたとき、すでに過去のあなた自身の決断から「経験値」は上がっています。

つまり何らかの知恵がついているワケですが、この知恵が足を引っ張ることが往々にしてあります。

 

  • 失敗したくない・・・!
  • 絶対に成功したい・・・!

 

というように、経験値から失敗に対する「恐れ」が生まれてしまうのです。

恐れからくる決断は、次の残念なパターンに陥るケースも、ままあります。

 

恐れからくる、仕事の決断・残念パターン

  1. 何も学ばなくなってしまう
  2. 楽に稼げる!といううまくいきそうな話に、また乗ってしまう
  3. 資格をとれば仕事が安定する、と資格ホルダーになってしまう
  4. 起業塾に入れば集客の仕方や売上のアップ方法を教えてもらえる、と期待し高額を費やしてしまう

 

どのパターンも自分の決断なので、1以外、動き出したことは素晴らしいのですが、ちょっと残念なパターンです。

その理由を解説しますね。

 

1、何も学ばなくなってしまう

これは一番よくないです。

「学び」をやめたら、そこですべて終わりです。

 

  • 失敗したくないから、このままのやり方でやっていこう
  • 新しいことを身につけなくても、同じことを繰り返していこう

 

完全に「思考停止」の状態となります。

なぜ学びを辞めてしまうと危険なのかというと、時代は動いているからです。

世の中に取り残されてしまうのですね。

 

 

もちろん、素晴らしい技術をお持ちだったり、確立された方法論をお持ちの方もいらっしゃると思います。

ですが、世の中で認められているような起業家さんだったり、経営者さんたちは、総じて学びを辞めていません。

新しい学びを深めています。

 

 

これは本を読むだけでもできますし、人と会うだけでも学びとなります。

失敗を恐れて、時流に乗ることを怠っては、起業家にとっては致命的です。

 

 

また、学びは「インプット」だけではどうにもならないです。

インプットしたら必ずアウトプットしましょう。

 

アウトプットする、一番手っ取り早い方法は(まあ私が好きだから言っている、というとこともありますけれど)ブログだったりします。

 

SNSで言葉を残すことでも構いませんが、ブログはある程度の長文を残せることから自分の成長の軌跡になります。

あなたの学びの経験を「誰か」に教えたり伝えることで、さらなる学びが深くなりますよ。

 

 


カイエダ

私自身も、読者様を意識して、ブログに書いたり残したりすることで、学びをアウトプットできています。
これは自分自身の成長にもつながっていると感じています。
「教えることは、教わる」ことです。

 

2、楽に稼げる!といううまくいきそうな話に、また乗ってしまう

これもよくあるケースです。

失敗をもう二度と繰り返したくない!と「焦る」あまり、ついウマイ話に乗ってしまうのですよね。

 

  • これだけやれば売れる!
  • ブログを辞めて売上10倍!
  • 頑張らなくても売上アップ!

 

基本的には、最終的には「売れる」領域に行けるかもしれませんが、「売れる」領域に行き着くまでが実は簡単ではありません。

おそらくツールは変わっても、鬼のような作業が待っています。

 

その作業を楽しめれば、あなたは成功したも同然です。

 

ですが

  • 楽にできる、というから申し込んだのに・・・
  • ブログを辞めてもSNSにものすごく時間を取られるじゃないか・・・
  • 結局頑張ることを求められる・・・

と思ってしまった時点でアウトです。

 

起業してひとりで仕事をする、ということは、全責任は自分にあります。

となれば。

決断したのは自分ですので、文句を言っても仕方ないのです。

 

このような「誰かのせいにする」「環境のせいにする」クセ、とっとと捨てましょう。

それは依存心があなたにあるからかもしれません。

 

誰かに依存しても、最終的に解決できるのは「あなた自身」です。

 

人のせいにするクセがなくならない限り、せっかく動き出したとしても、同じような失敗を繰り返してしまいます。

 


カイエダ
経験から、すべては自分の責任、ということを学びましょう。

 

 

3、資格をとれば仕事が安定する、と資格ホルダーになってしまう

競合だと思っている人や、仲良くしていた起業仲間が資格をとっていると、気になって自分も資格を取りに勉強に出かける人も多いです。

 

もちろん、勉強することはとってもよいことです。

ですが「人の目を気にして」勉強するのはどうなのでしょう。

 

あなたのお客様は、競合ではないはずです。

仲良くしている起業仲間と、揃って同じ資格を持っているからと言って、お客様にとってよいことはあるのでしょうか。

 

目線を見直すこと、とても大切です。

 


カイエダ
  • 自分は誰のどんな状況の方に役立つのか
  • 新しい資格は、そのお客様にとって重要なのか
  • 自分の原点(これで生計を立てていこう、と決意した仕事)を忘れてはいないか
  • ブームに流されてはいないか

冷静に判断しましょう。

 

 

4、起業塾に入れば集客の仕方や売上のアップ方法を教えてもらえる、と期待。最終的に自分の頭で考えなくなる

私はこのパターンに陥ったことがあります。

 


カイエダ
私が起業塾に参加した理由は、お客様に集客を教えられるようになりたい!という希望があったから、でした。

 

私が入った起業塾はもしかしたら「特殊」だったのかもしれないのですが、軍隊のようなところでした(笑)

ですがせっかく高額を出して入ったコミュニティです。

きちんと学びたい!と必死で言われたり教わったことを実践していきました。

 

おかげさまで売上を伸ばしたり、ノウハウを吸収することはできましたが、結果として私は思考が停止してしまいました。

というのも、

  • 言われたことをやらないと売上が上がらない
  • 仲間や主宰者から認められない
  • 主宰者の機嫌を損ねる

という変なジレンマに陥り、半ば「洗脳」されている状態に陥ってしまったのです。

 

 

洗脳は、自分の頭で考えなくていいので、ある意味「楽」な状態

言いなりになっていれば、自分で考えなくて済みます。

学校や会社でも、言われたことをやっていれば、調和が取れたます。

成績がよくなるのであれば、そのまま言うことを聞いていればいいですものね。

 


カイエダ
日本はそのような「洗脳」教育が得意な国だと、今の私は思っています。

 

ですが・・・。

本来「起業」と言うのは、自分で考えて自分で責任をとり、そしてお客様を自分の仕事で幸せにすることです。

 

洗脳されている状態で売れたとしても、それはあなたの「意思」ですか? 

 

自分で何も決断できなくなってしまって、本当にあなたに付いているお客様はあなたのお客様なのでしょうか。

洗脳集団のトップの食い物にされているだけではないですか?

 

 

薄々おかしいな・・・と思いながらもズルズル洗脳される状態に、2年費やしました。

それも自分の決断です。

 

最終的に起業塾を辞め、私はその後、誰のことも「師」と仰ぐことをしないと決めました。

 

 

なぜか。

 

 

誰かを崇拝したり、師と仰ぐと言うことは、その人を一生「越えない」ことが約束されるからです。

負かしたいとか、越えたいとか言うレベルの話をしているのではありません。

 

それぞれの人は、それぞれだからです。

誰に勝つでも負けるでもなく、私は私ですから。

あなたは、あなたです。

 

崇拝したり、師と仰ぐことで、「洗脳世界」に入信しているのと一緒だ、と経験から学びました。

もちろん「すごいな〜!」と尊敬する人はたくさんいますよ。

ですが盲信はしません。

 

 


カイエダ

なんだか宗教チックですが、基本的に起業塾はカルト宗教と同じノリだと思います。
これはネットワークビジネスにハマってしまう方もそうなのかもしれないですね。

 

 

 

4のケースは少し特殊ですが、こう言った残念なパターンもあること、ぜひ知っておいてください。

割と「洗脳」は蔓延していると思いますけどね〜。

 

まとめとして

失敗は怖いです。

ですが、一歩踏み出したあなたが素晴らしいのですよ。

あなたが誰を師と仰ごうが、何にお金をつぎ込もうが、すべてはあなたの責任であり決断です。

 

自分の利益ばかりを追ってしまうと、先にあげた4つの残念なパターンのいずれかにあてはまってしまいます。

 

 

あなたがなぜ起業したのか。

原点に戻ること、忘れないでください。

 

幸せにしたい人がいるからでしょう?

 

 

自分の頭で考えて、自分の決断をして、人のせいにせず、お客様を幸せにするために仕事を広げていく。

 

 


カイエダ

決断して一歩踏み出したあなたの行動こそが素晴らしいのです。
自信、持っていきましょうね!

 

 

おもてなしブログ®︎最新情報はメルマガから▼

フォローお待ちしています