ブログ記事に見出しを入れる意味とメリット

   

見出しとは?

文章の中の小タイトルのようなものです。

 

 

ある程度の長さがあるブログ記事の本文には、書かれている内容のまとまり(パラグラフ)ごとに見出し(小見出しとも言う)をつけることをおすすめしています。

 

 

見出しを入れると、文章のわかりやすさが格段にあがります。

 

 

Webサイトのソース上では、h2h3あたりでマークアップされる類の小見出しです。

 

このh2やh3の”h”はheadline(ヘッドライン)を表しています。

 

かつては、一番強力とされる「h1」は、文中で使うことをおすすめしていませんでしたが、メディアによって使ってもよい場合もあります。

 

これまでは、h1はブログタイトルであったりブログ記事タイトルに使うことが多いため、見出しとして使うことに適さない、また多用しすぎると「やりすぎ」と検索エンジンに見なされ、評価が下がると言われていました。

 

 

あなたが書いているブログによってルールが違うので、ぜひ、見出しの使い方ルールを調べてから用いるようにしましょう。

 

 

見出しがWebで重要なワケ

昔から、特にWebサイトのライティングにおいて見出しは重要だと言われてきています。

 

 

初めてサイトを訪問したユーザー、つまり「はじめましてのお客様」はページをさっとスクロールし自分に必要な情報、役に立つ情報、おもしろい情報が書かれているか瞬時に判断します。

 

本文は読み飛ばされてしまうかもしれませんが、見出しはどうしても目に入ってくるもの(ですので、ある程度デザインされているのが理想です)。

 

途中に興味深い内容が書かれた見出しがあれば、その記事に初めて注目を向けることになります。

 

ですから、長くなりすぎたWeb上の文章では、適宜まとまりごとに見出しを入れてあげると読まれやすくなるのです。

 

見出しを使うには、ルールがあります。

ぜひ、これは守ってください!

 

 

見出しを使うときのルール

見出しタグは、即効性があるSEO対策になるとは言えないかもしれません。

 

ですが、どちらかと言えば、後々効果を発揮してくれるものです。

 

また、見出しをつけておくと、本当に読みやすくなります。

 

長い文章、、、Web上でたいていの方は読まないです。

 

見出しをつけて内容をわかりやすくしてあげる。

これは、お客様に対する大きな配慮です。

 

そして、せっかく見出しをつけるのだったら。検索エンジンにも好かれてしまおう、とするのが、今回の記事の目的です。

 

 

まずは見出しについての基本を覚えておきましょう。

 

一般的にSEOで効果を発揮すると言われているのは <h1><h2>です。

数字が小さいほど重要度が高いと覚えておきましょう。

 

ここで守って欲しいのはh1を使ったら、次はh2。

h2を使ったら次はh3のように、決してh3の次にh2というように、順番を間違えないでください。

 

この順番を間違えてしまうと、検索エンジンが「なにこの文章、、、構造ひどくて読む気なくすんだけど・・・」みたいな気分になってしまいます(^^

インターネットの神様

 

つまり検索エンジンから評価対象外となってしまうのです。

 

たいていの場合、先述しましたが、h1とh2はブログタイトルやブログ記事タイトルで使われているケースが多いため、そのブログによりますが、文章中には使わない方が無難です。

 

 

 

まとめとして

見出しはあなたのため、読者のため、そして検索エンジンのために大切ですよ!
見出しタグの使用順は小さい数字から大きい数字へ!
ご自身のブログの初期設定を把握しておきましょう。

 

アメブロ管理画面

アメブロにも見出し機能が追加されています。

番号ではなく、大・中・小という表示ですので、大中小の順番に使っていくといいですよ!

 

 

▼ブログ集客最新情報はメルマガから▼

 

 

フォローお待ちしています

カイエダ ミエ

3ヶ月でブログを24時間働く営業マンに!おもてなしブログ®専門家/売れ続ける基盤を創るデザイ二スト。2001年よりWeb制作の道に入り、デザイナー、ディレクターを経験したのち、2007年に独立。現在はデザインも手がけるコンサルタントとして、Web集客からの売上アップを支援。お客様のペルソナのニーズを先取りし「デザインはおもてなしである」をコンセプトにサイト構築を手がける。自らのブログも含め、構築してきたブログ/Webサイトは350件以上。お客様の不安やお悩みを解決し喜ばせるブログで、ブログ読者様を「おもてなし」することを推奨。どうすればクライアントのビジネスにおいて、確実に集客できて売上アップにつながるのかを日々実践・探求し情報を発信している。