親しみやすさの裏にあるもの「オレンジ」の意味〜ブログに活かす色彩心理マーケティング

親しみやすさの裏にあるもの「オレンジ」の意味~ブログに活かす色彩心理マーケティング

親しみやすい色の
代表格「オレンジ」は
ブログの中で使うと
どんな効果があるでしょう。

 

オレンジという色の意味

オレンジ」は、赤に黄色が入った
色です。色の名前の中で珍しく、
果物名がそのまま色の名前に
なっていますね。

fruit-1960405_640.jpg

オレンジが暗くなると茶色に、
オレンジが明るくなると肌色
なります。

上記の色はオレンジの領域に
あるんです。

 

日本人は、文化的に
朱色という、
黄みの強い赤に馴染みが
あるのではないでしょうか。

 

神社の鳥居なども、
朱色です。

厳島神社などは
完全にオレンジ色な気がします。

厳島神社

 

今となっては、朱色を
赤ではなくオレンジだと
感じる方も
いるかもしれませんね(^^)

 

強烈な赤と
光に通ずる黄に
挟まれた色=オレンジ

オレンジは、
赤のような支配的な強烈さは
持たず、かつ黄色の光に
通じるような眩しさ・神々しさを
持たない、2番手・・・といった
役どころです。

 

色としても
「2次色」のカテゴリーに
入ります。

 

ですが、
そんな2番手な性格から
「親しみやすさ」
つながっています。

 

カジュアルで
親しみやすさがある

たとえ赤のような強烈な
個性がないとしても、
オレンジエネルギーを感じさせる
です。いっそネガティブな
イメージのほうが少ないのでは?

実る果実は、
オレンジ色のものも多いです。

  • かき
  • にんじん
  • そして、色の名前になっている
    オレンジ(^^)、みかん

食品の色としての安心感もあります。

オレンジ人参柿

食欲を増進させる色としても
オレンジは意味を持っています。

 

 

また、実際の炎や火は、
赤というよりもオレンジ色だったり
しませんか?

火

 

暖まり近寄りたくなることから、
親しみやすいという印象が
生まれます。

 

ブログでオレンジを使うと・・・?

ブログで文字色で
オレンジを使うとき、
気をつけるべきは

 

高級感を
出したいときは、
使わないほうが
無難です。

親しみやすさを感じる色ですので、
高級ブランドなどの色には
不向きです。

 

これまでは
年齢の高い層に魅力を訴えて
きたが、若年層を狙うので
敢えてオレンジを使う、という
戦略でしたら問題ないでしょう。

また、オレンジの色彩心理では
「親しみやすさ」だけではなく
その裏側に潜む意味があります。

 

「親しみやすさ」の
裏側の意味

親しみやすさの裏の意味は、
「依存」「寂しい」という感情です。

 

ひとりでいたくない!から
親しみやすい色に近づくのです。

ですから、

  • 疲れた人を癒したい
  • 寂しい想いをしている人に、あなたひとりじゃないと伝えたい
  • コミュニティサイトで大勢でわいわいやっています

という想いを伝えるには、
全体的にオレンジ色をデザインで
取り込めていると、理想のお客様
に響く期待ができます。

仲間

 

「親しみやすさ」があるから
つい「押してしまう」
オレンジは購買色

購入ボタンや登録ボタンなど、
割とオレンジ色が採用されている
サイトは多いです。

 

これはオレンジの持つ、
親しみやすさから、人を
行動させてしまうのかも
しれません。

スクリーンショット-2017-11-20-23.36.03.jpg

▲レシピ検索サイト「クックパッド」より

 

文字色のするときの注意

薄いオレンジ色を
文字色で使うと、薄すぎて
読めません(^^)

 

一切強調になりませんので、
ある程度赤に近い、
濃いオレンジ色を使うことを
お勧めします。

 

 

まとめとして

本日は「オレンジ」について
お話しました。

 

まさか

  • 依存
  • 寂しい

という意味をもつだなんて、
この楽しそうなオレンジからは
想像ができませんよね。

 

 

個人的にオレンジが好きで、
つい目がいってしまう人は、
もしかしたらひとりだと
寂しいな、と感じているのかも
しれません。

色が教えてくれるメッセージも
ぜひ素直に受け取って
みてくださいね。

 

 

 

▼ブログ最新情報はメルマガから

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカイエダ ミエをフォローしよう!

▼▼シェアしてもらえたら嬉しいです!
カイエダ ミエ

3ヶ月であなたのブログを24時間働く営業マンにする「おもてなしブログ専門家」ビジネスデザイン・コンサルタント。2001年よりWeb制作の道に入り、デザイナー、ディレクターを経験したのち、2007年に独立。現在はブログを軸とした集客からの売上アップを得意とする、デザインも手がけるコンサルタント。
お客様のペルソナのニーズを先取りし「デザインはおもてなしである」をコンセプトにサイト構築を手がける。
自らのブログも含め、構築してきたブログ/Webサイトは300件以上。お客様の不安やお悩みを解決するブログで、ブログ読者様を「おもてなし」することを推奨し、どうすればクライアントのビジネスにおいて、確実に集客できて売上アップにつながるのかを日々実践・探求し情報を発信している。