ブログで時短を目指すときのヒント〜カイエダの場合

   
ブログで時短を目指すときのヒント〜カイエダの場合

カイエダ
おもてなしブログ®専門家カイエダです。

 

参加しているオンラインサロン、売れるきっかけを作るコンサルタント青山華子さん主宰の「先生相談室」でテーマになっていた「ブログの時短」。

「ブログの時短」とは、ブログを書く「時間」をいかに短く抑えられるか、ということ。

 

悩んでいる方が、意外といらっしゃるようでした。

私はもしかしたら、そんなにブログを書く時間は早くないかもしれません。
むしろ「おもてなしブログ®専門家」という肩書きをつけているくらいですから、ブログを書くことは仕事のメイン。

 

多くの方はメインの仕事がブログ、ではないですものね。
お仕事の「一助」としてのブログ。
書くことに何時間もかかってしまうようだったら、確かに考えものです。

 

ということで、2003 年からブログを書いているカイエダが、ブログを書く際に行っている工夫をお伝えしてみますね。

 


カイエダ
時短のヒントになりますように…!

 

1、デスクトップに何も置かない

デスクトップ

 

デスクトップはきれいにしていた方が気が散らないです。
私はブログを書くときも、デザインをするときも、パソコンを利用します。

仕事道具ですね。

一旦全部整理してからはじめます。
整理するルールも自分で作っておくと楽です。

私の場合は、クライアントごとにフォルダを作り、その中も

  • (契約書などの)書類
  • 企画書
  • (ミーティングなどの)音源
  • デザインデータ
  • 写真素材

などフォルダ名を毎回決めて整理しています。
そうするだけで、そもそも時短になりますよ。

ちなみにスマホも、最低限のフォルダをつくり、整理しています。

スマホ画面

ですからスマホのホーム画面も、アプリだらけにはなっていません。

どこに何が入っているのかを把握しているので、迷うこともないのです。

※壁紙はテストで黒くしています。

 

 

2、ドアを閉める


カイエダ
え?そんなこと?

と思うなかれ(笑)

 

自分ひとりになれる空間にいることが可能な場合(自宅など)、ドアは閉めるようにしています。

家族は勝手に出入りしますし、大声で呼ばれることもあります。

せめてドアさえ閉めておけば「何かやっているんだな」と思ってもらえます。

 

現在私は、 1 部屋自分用に部屋を用意することができましたが、以前は自分の部屋はなく家族と共有の場所で仕事をしていました。

 


カイエダ
かなりの仕事量でしたが、独立してから 11 年間その状態。
がんばった…。

さすがに不便を感じるようになり、ようやく夫を説得して 2018 年 9 月に引っ越しをすることができました。

 


カイエダ
めんどくさがりの夫を説得することはとても大変でした!
5年以上かかりました!

もちろん自宅ですので、ドアを閉めておかないと、夫がドシドシ入ってきます。

 

お子さんのお世話をしているママたちは、少し難しいかもしれませんが「今の時間は集中させて!」というアピールにもなり、家族にも理解してもらえます。

ただしそれには、常日頃から家族への感謝と気遣いは必須ですよ〜!

 

 

 

3、書く場所を決める

私はシェアオフィスも借りていて、環境もよいのですが、デザインしたり文章を書く場合は、やはり集中したいので作業場所とは考えていません。

 


カイエダ
私は自宅が落ち着くのです。
シェアオフィスは新規のお客様との打ち合わせや、セミナー会場として活用しています。

なかにはカフェがいい!と言う方もいらっしゃるでしょう。

自分が快適に集中できる場所を見つけておくことも大事です。

 

4、下書き保存をしておく、ブログでもメモ帳でも

一気に書き上げようとするから「時間がかかるー」と思ってしまうのです。

私はブログを書く時間が10分あったら、せっせと書き出して下書き保存しておきます。

 

何日かかって書き上げたって、いいじゃないですか。

 


カイエダ
私はそういうタイプ!

 

なかには

お客様
お客様
ブログに下書きしようとしていた途中で、パソコンがクラッシュしてデータが消えてしまった…(涙)

という方もいらっしゃるかもしれません。

 


カイエダ
それは悔しい…

 

突然データが消えてしまうということも想定すると

スマホでもパソコンでも文章を入力して共有することができるEvernoteに、まずは下書き保存していくことをオススメします。

 

ただし。

Evernoteで書いたものを、そのままブログに貼り付けると、裏側で必要のない「タグ」を貼り付けてしまうこともあります。

 

Evernoteからビジュアルエディタに貼り付けた直後

ビジュアルエディタ

 

テキストエディタでみるとDIVタグがついている

テキストエディタでみるとDIVタグがついている

 

くっついてきた「DIVタグ」は編集画面の「テキスト」というタブを開くと見えます。

こうした余計なタグが張り付いたままだと、改行がうまくいかなかったりして、とてもストレスです。

 

余計なタグを排除してストレスをなくす方法

WordPressの場合、Tiny MCE Advanced というブログ記事編集プラグインを入れている方は多いでしょう。

Tiny MCE Advancedについている「消しゴムアイコン」で書式をクリアにすることができます。

Evernoteから貼り付けた文章を選び、消しゴムアイコンをクリック。

そうすると書式がクリアになり、つまりDIVタグが取れて、編集しやすくなりますよ。

書式設定をクリア

 

▼Tiny MCE Advanced

 

5、文章を先に書く

ブログを書きながら、画像選びも行うと、時間がかかります。

私はまず文章をある程度書き上げてから、適した画像を選んでいます。

 


カイエダ
こうしたセリフも、あとから入れています

デザイナーという立場上、画像選びや画像作りは早いかもしれません。

ですが事前に素材サイトなどで写真をチェックする時間を設け、あらかじめ写真は指定した場所に保存し管理しています。

 

いつでも「このテーマに使える!」という場合に、写真はとり出せるように「クラウドストレージ」を利用しています。

 

▼関連記事

 

 

6、ゴールから逆算するために、自分の速度を知る

私は自分で文章を書く速度を知っています。

そうするとだいたい時間の見当がつきますよね。

文章を書く速度に「期待値」は不要です。

 


お客様
私はこのくらいの時間内で書きたい!

 

ではなく、今時点での「リアル」を把握しておくといいですよ。

 

書く速度の測り方

 

お客様
お客様
よし!1時間でブログ書くぞ!

と決めたら、絶対1時間のうちに書き上げるよう頑張ってみましょう。

その間、「立ち上がること」もなしです。

もくもくとパソコン(もしくはタブレットかスマホ)に向き合います。

 

1時間経過してどこまで進んでいるのか。

 

  1. 1時間で1記事ブログを書き上げることができたら、もっと早く書ける可能性もあります。
    次回は30分を目標に書いてみましょう。
  2. あとちょっとで書き終わりそう!という場合は、今の段階では1時間で書き上げるのは難しい可能性があります。
    下書き保存して、翌日再チャレンジ!
    仕上げ切りましょう。
    翌日までブログ記事を寝かせておくと、もっといい案が浮かぶ可能性もありますし、冷静に読むこともできていいですよ。
  3. 考えすら、まとまらなかった場合は、文章の構成テンプレートを使って、当てはめて書く訓練をまずやってみましょう。
    ▼超絶簡単テンプレート

 

 


カイエダ

私は上のような時間の区切りで試した結果、大概「2」のパターンとわかっています。

それがイヤと思わずに、これでいいと思っているので、時短をそもそもは目指していないということもわかりました。
じっくり書きたい!だから集中力を乱されるのはイヤ!なタイプなのでしょう。
とはいえ何年もブログを書いてきているのでね。
少しずつ早くはなっているかもしれません。

質より数

自分の速度は「慣れ」で改善できるものです。

早く文章を書き上げたい!と言う方は、質よりも先に「数」をこなしていくと早くなります。

 

まとめとして

整理整とんをしたり、数をとにかくこなして、自分に合う方法を見つけ、続けていくこと。

文章の型があるのであれば、そういったものに当てはめて書き続けること。

そして、その繰り返し。

 

それが最短で、時短できる方法です。

ブログをないがしろにするのではなく、時短でブログを数多く書き、数を重ねることで、どんどん質の高いブログにして、ビジネスを成長させていきましょう!

 

おもてなしブログ®最新情報はメルマガで!

フォローお待ちしています

カイエダ ミエ

3ヶ月でブログを24時間働く営業マンに!おもてなしブログ®専門家/売れ続ける基盤を創るデザイ二スト。2001年よりWeb制作の道に入り、デザイナー、ディレクターを経験したのち、2007年に独立。現在はデザインも手がけるコンサルタントとして、Web集客からの売上アップを支援。お客様のペルソナのニーズを先取りし「デザインはおもてなしである」をコンセプトにサイト構築を手がける。自らのブログも含め、構築してきたブログ/Webサイトは350件以上。お客様の不安やお悩みを解決し喜ばせるブログで、ブログ読者様を「おもてなし」することを推奨。どうすればクライアントのビジネスにおいて、確実に集客できて売上アップにつながるのかを日々実践・探求し情報を発信している。