セッションとは(Gooogleアナリティクス)

   
セッション
   

カイエダ
セッション、というと私はJazzの「ジャム・セッション」を最初に連想してしまいます。
Googleアナリティクスでは違うんですよね。

Web解析の現場や、昔のGoogleアナリティクス上で語られるセッションとは「訪問」という意味です。
以前はGoogleアナリティクスの画面上ではセッションは「訪問数」と表示されていました。

 

 

Googleアナリティクスでいうセッションの考え方

それぞれのブラウザ(パソコンではインターネットエクスプローラーやFireFox、Chrome、スマホの各ブラウザも)を「ユーザー」といいますが、ユーザーがページを表示するところから始まる一連の操作が「セッション」です。

 

一人の人間が、同じブラウザでサイトを2回訪問したら、

  • ユーザー数は1
  • セッション数は2

となります。

 

平たくいえば、「のべ人数」のことです。

 

例)デパートを例にします。

Aデパートに30分以内に5回出たり入ったりしたとします。
このときユーザー数(デパートに出入りしたユニークな人数)は1、
セッション数(デパートに出入りしたのべ人数)は5、と考えられます。

 

異なる2つのブラウザで1回ずつ訪問したら、セッション数は2です。

 

セッションは、数ある指標の中でも重要な指標

  • 直帰率
  • 新規セッション率
  • ページ/セッション
  • コンバージョン率

など、割り算で求める指標のほとんどがセッション数を母数としています。

 

1つのセッションには、

  • 1つの参照元
  • 1つのメディア
  • 1つのキーワード
  • 1つのランディングページ

といったディメンジョンの項目のほか、

  • 直帰したか
  • コンバージョンしたかといった属性
  • セッション中のページビュー数
  • セッション時間

などの指標もきっちりとひも付きます。

 

1回のセッションは、ユーザーがサイトのページをブラウザで表示したときにスタート

そのあと、サイト内では

  • 他のページを見る(ページビューの発生)、
  • Googleアナリティクスで計測対象になっているリンクをクリックする(イベントの送信)

などの行動が 30分間ないと、そのセッションが終了します。

また、日付が変わる、訪問したキャンペーンが変わると新しいセッションが開始されます。

 

 

おもてなしブログ®︎最新情報はメルマガで

フォローお待ちしています