ブログ記事下に「著者プロフィール」を出す方法

   
ブログ記事下に「著者プロフィール」を出す方法
   

私は、ブログ記事下に「著者情報」としてプロフィール文章を掲載していますが、これはどうやっているの?と質問されることがあるので、やり方を解説しますね。

 

記事下にプロフィールを入れる理由

プロフィールは非常に大切です。
あなたも何かのサービスに惹かれ、お金を出して買おう!と思ってWebサイトを訪れるとしたら、もしくはこの技術を誰から習うのか、を決めたい時に、必ずプロフィールをご覧になると思います。
プロフィールを記載することにより、ブログ著者の「人となり」を知ってもらえます。

 

もちろん、固定のプロフィールページも別途あるでしょうが、あえてそのページに訪れてもらうのを待つのではなく、記事下で完結にあなたの「人となり」を語り、興味を持っていただいてはいかがでしょう。

 

人が心を動かされて、その人のファンになる時というのは、「その人が何者であるか、どんなことをしようとしているか」を理解して共感した時です。
私もよく、メルマガの読者さん、そしてセミナーや個別相談に来てくださった方々から「カイエダさんのこういう風に書いてあったところに興味を持ちました」と言っていただきます。
つまり、ファンになってもらうためにプロフィールで「人となり」を提示することは、不可欠と言えます。

 

「人となり」を理解してもらうために、プロフィールはよく見てもらえる「記事下」に置いておくのは効果的です。

 

▼私の記事下に出る著者情報

ブログ記事下プロフィール

 

スマホで見るとこうなります。

ブログ記事下プロフィール(モバイル版)

 

1)ブログ記事下に著者情報を出すファーストステップ>その1:Gravatar(グラバター)に登録

この著者情報はワードプレス上の「プロフィール」で書いた文章が表示されるようになります。プロフィール編集画面には下画像の赤枠部分から行きます。

プロフィール編集画面へ

 

左側のメニューからもいけます。

ユーザー管理

 

 

Gravatarというサービスがあるのですが、ここに登録しておかないと、
著者情報に写真が掲載されません。
登録していないとこんな表示になっていると思います。

通常

 

 

Gravatar

WordPress.comのアカウントがあれば、アカウントを新設しなくてもログイン出来ます。

Gravatar

このサービスに登録し、顔写真を登録してみてください。
プロフィール

 

プロフィール画面で情報を入力します。

各種SNSも入力できるようになっています。

  • Add This
  • Behance
  • Delicious
  • Deviantart
  • Digg
  • Dribbble
  • Facebook
  • Flickr
  • Github
  • Google
  • Google+
  • Html5
  • Instagram
  • Linkedin
  • Pinterest
  • Reddit
  • Rss
  • Sharethis
  • Skype
  • Soundcloud
  • Spotify
  • Stackoverflow
  • Steam
  • StumbleUpon
  • Tumblr
  • Twitter
  • Vimeo
  • Windows
  • WordPress
  • Yahoo
  • Youtube
  • Xing

 

ちょっと日本では馴染みがないものもあります。わからないもの・使っていないものはとばしてください。ここまで入力できたら準備OK!

 

ここでプラグインを使うという手段もあります。

その2:WP User Avatar

Gravatarに登録がうまくできない方は、ここで「WP User Avatar」というプラグインを導入してみましょう。

 

新規プラグインを追加する画面で「WP User Avatar」を検索

プラグイン導入画面

 

 

検索すると出てきます。
WP User Avatar

 

今すぐインストール>有効化ボタンを押します。

 

有効化ボタンを押すと、左側の欄に「アバター」が出てきます。

サイドバー

 

 

 

「設定」で

グラバターを無効、なども選べます。

アバターを押したら

 

 

設定が終わったら設定を保存しましょう。設定が終わったら保存

 

 

 

 

 

ここまでで、アバター設定終了です。
続いて著者情報を表示するプラグインを入れます。

Simple Author Boxを導入

プラグインで検索すると
Simple Author Box

 

 

このプラグインを導入したら、
プラグインの設定から管理画面にGO!
『Setting』を押します。
Simple Author Box

 

Settingを押したらこのような画面に。
Simple Author Box

 

設定項目で主なのは以下の通り。
これだけできれば充分なのではないかと思います。

 

  • プロフィールを自動で表示するか、
  • 任意の場所に表示するか。
  • フォントや文字の大きさの設定。
  • 枠線や背景の色の変更。
  • ソーシャルボタンのデザインの変更。

 

プロフィールに表示させる紹介文やソーシャルボタンは、
前述のWordPress本体の「ユーザー>あなたのプロフィール」から設定できます。

 

ぜひやってみてくださいね^^

 

 

フォローお待ちしています