ブログ記事下に「著者プロフィール」を出す方法

ブログ記事下に「著者プロフィール」を出す方法

私は、ブログ記事下に「著者情報」としてプロフィール文章を掲載していますが、これはどうやっているの?と質問されることがあるので、やり方を解説しますね。

 

記事下にプロフィールを入れる理由

プロフィールは非常に大切です。
あなたも何かのサービスに惹かれ、
お金を出して買おう!と思ってWebサイトを訪れるとしたら、
もしくはこの技術を誰から習うのか、を決めたい時に、
必ずプロフィールをご覧になると思います。
プロフィールを記載することにより、
ブログ著者の「人となり」を知ってもらえます。

 

もちろん、固定のプロフィールページも別途あるでしょうが、
あえてそのページに訪れてもらうのを待つのではなく、
記事下で完結にあなたの「人となり」を語り、
興味を持っていただいてはいかがでしょう。

 

人が心を動かされて、
その人のファンになる時というのは、
「その人が何者であるか、
 どんなことをしようとしているか」
理解して共感した時です。
私もよく、メルマガの読者さん、そして
セミナーや個別相談に来てくださった方々から
「カイエダさんのこういう風に
書いてあったところに興味を持ちました」と言っていただきます。
つまり、ファンになってもらうために
プロフィールで「人となり」を提示することは、
不可欠と言えます。

 

「人となり」を理解してもらうために、
プロフィールはよく見てもらえる
「記事下」に置いておくのは効果的です。

 

▼私の記事下に出る著者情報

著者情報

 

スマホで見るとこうなります。

スマホから見た著者情報

 

1)ブログ記事下に著者情報を出すファーストステップ>
その1:Gravatar(グラバター)に登録

この著者情報はワードプレス上の「プロフィール」で書いた文章が表示されるようになります。プロフィール編集画面には下画像の赤枠部分から行きます。

プロフィール編集画面へ

 

左側のメニューからもいけます。

ユーザー管理

 

 

Gravatarというサービスがあるのですが、ここに登録しておかないと、
著者情報に写真が掲載されません。
登録していないとこんな表示になっていると思います。

通常

 

 

Gravatar

WordPress.comのアカウントがあれば、アカウントを新設しなくてもログイン出来ます。

Gravatar

このサービスに登録し、顔写真を登録してみてください。
プロフィール

 

プロフィール画面で情報を入力します。

各種SNSも入力できるようになっています。

  • Add This
  • Behance
  • Delicious
  • Deviantart
  • Digg
  • Dribbble
  • Facebook
  • Flickr
  • Github
  • Google
  • Google+
  • Html5
  • Instagram
  • Linkedin
  • Pinterest
  • Reddit
  • Rss
  • Sharethis
  • Skype
  • Soundcloud
  • Spotify
  • Stackoverflow
  • Steam
  • StumbleUpon
  • Tumblr
  • Twitter
  • Vimeo
  • Windows
  • WordPress
  • Yahoo
  • Youtube
  • Xing

 

ちょっと日本では馴染みがないものもあります。わからないもの・使っていないものはとばしてください。ここまで入力できたら準備OK!

 

ここでプラグインを使うという手段もあります。

その2:WP User Avatar

Gravatarに登録がうまくできない方は、ここで「WP User Avatar」というプラグインを導入してみましょう。

 

新規プラグインを追加する画面で「WP User Avatar」を検索

プラグイン導入画面

 

 

検索すると出てきます。
WP User Avatar

 

今すぐインストール>有効化ボタンを押します。

 

有効化ボタンを押すと、左側の欄に「アバター」が出てきます。

サイドバー

 

 

 

「設定」で

グラバターを無効、なども選べます。

アバターを押したら

 

 

設定が終わったら設定を保存しましょう。設定が終わったら保存

 

 

 

 

 

ここまでで、アバター設定終了です。
続いて著者情報を表示するプラグインを入れます。

Simple Author Boxを導入

プラグインで検索すると
Simple Author Box

 

 

このプラグインを導入したら、
プラグインの設定から管理画面にGO!
『Setting』を押します。
Simple Author Box

 

Settingを押したらこのような画面に。
Simple Author Box

 

設定項目で主なのは以下の通り。
これだけできれば充分なのではないかと思います。

 

  • プロフィールを自動で表示するか、
  • 任意の場所に表示するか。
  • フォントや文字の大きさの設定。
  • 枠線や背景の色の変更。
  • ソーシャルボタンのデザインの変更。

 

プロフィールに表示させる紹介文やソーシャルボタンは、
前述のWordPress本体の「ユーザー>あなたのプロフィール」から設定できます。

 

ぜひやってみてくださいね^^

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカイエダ ミエをフォローしよう!

▼▼シェアしてもらえたら嬉しいです!
カイエダ ミエ

3ヶ月であなたのブログを24時間働く営業マンにする「おもてなしブログ専門家」ビジネスデザイン・コンサルタント。2001年よりWeb制作の道に入り、デザイナー、ディレクターを経験したのち、2007年に独立。現在はブログを軸とした集客からの売上アップを得意とする、デザインも手がけるコンサルタント。
お客様のペルソナのニーズを先取りし「デザインはおもてなしである」をコンセプトにサイト構築を手がける。
自らのブログも含め、構築してきたブログ/Webサイトは300件以上。お客様の不安やお悩みを解決するブログで、ブログ読者様を「おもてなし」することを推奨し、どうすればクライアントのビジネスにおいて、確実に集客できて売上アップにつながるのかを日々実践・探求し情報を発信している。