Gmailで独自ドメインで作ったメールを【受信】できるようにする一番簡単な方法

   

カイエダ

おもてなしブログ®︎専門家カイエダです。
普段Gmailを使っている方は多いですよね。
せっかく独自ドメインをとって、メールアドレスを使えても、ずっとGmailのままではオフィシャル感が少し薄れます。
また、私のように運営するWebサイトが増えて、複数のメールアドレスを受け取る機会が増えてきた人も多いのではないでしょうか。

使い慣れたGmailで、一括してメールを受信することができれば、とても便利です。

独自ドメインのメールアドレス宛にもらったメールに返信するときも、Gmailを使っていても独自ドメインで返信できる方法もありますので、ご紹介しますね。
 
まずは新しくメールアドレスを作って、転送する方法です。

 

 

独自ドメインメールアドレスなどのGmail以外のメールもGmailで受信できるようにする方法

あくまでもエックスサーバーでの画面で、取り扱いで説明しますが、その他レンタルサーバーでも同様のことはできます。
 

  1. 新しいメールアドレスを作成します。
    エックスサーバーの場合は、サーバーパネルから「メールアカウント追加」をクリックします。

    エックスサーバー メールアドレス追加

  2. お好きなメールアドレスを作成し、「確認画面へ進む」ボタンを押し「追加する」ボタンをクリックします。

    メールアカウント作成
     

    「追加する」を押す

    ▼メールアドレスができ上がりました。
    メール完成

  3. 「メールアカウント一覧」タブに戻り、「転送」ボタンをクリックします。
    転送設定
  4. 転送したいGmailアドレスを「転送先アドレス」入力し、「追加」ボタンを押します。
    このときはまだ、メールボックスに残すかどうかの設定はしません。Gmailに転送する
  5. メールボックスにメールを残すか残さないか、の設定をします。
    エックスサーバーの画面にも注意書きがありますが、転送先を設定せずに「残さない」に設定すると、受信メールはどこにも受信されず消失してしまいます。
    「残さない」に設定する場合には、転送先メールアドレスを必ず指定した上で設定しましょう。

 

カイエダのオススメ:転送設定後はメールボックスにメールは残さない


カイエダ
私は「残さない」に設定しています。
というのも、Gmailで受けとる設定にしたならば、残しておく必要がないと感じるからです。
サーバーにどんどんメールが溜まっていくと、ブログを設置しているサーバーでもあるので重くて大変です。
ということで、転送設定をきちんとした後は、メールボックスに「残さない」設定に私はしています。

まとめとして

思ったより簡単!と思われたのではないでしょうか。

これで簡単に独自ドメインのメールもGmailで受信できます。

 


カイエダ
続いては、受信したメールアドレスに返信するときに、Gmailでも独自ドメインメールで送信する方法についてご覧ください。 

 


おもてなしブログ®︎最新情報はメルマガから

 

フォローお待ちしています