集客をスムーズにするために創っておきたい「お客様動線」とは

   
集客をスムーズにするために創っておきたい「お客様動線」とは
  • なぜブログを書くのか?
  • なぜFacebookをやるのか?
  • なぜメルマガを書いた方がいいと言われるのか?

その「なぜ」をきちんと考えて、ブログをあなたは書いていますか?
Facebookで露出していますか?
メルマガを届けていますか?

 

カイエダ
なぜブログ書くのですか?

 

お客様

集客するには
やっといた方がいいと言われて・・・

同業者は皆、やっているし。

 

 

 

では、集客にいいとわかって始めたブログ。
なぜ、書けなくなるのでしょう。

 

そしてなぜ、売り込みをしてしまうのでしょう。

 

個別相談をさせていただく多くの方は売り込みしたくないのに、ブログでは売り込みをしてしまう!そうでなければいけない!という想いに囚われている!心優しい方が多いです。

 

 

 

ブログはそもそも、あなたの商品・サービスを購入していただくために書いているのですよね。

 

 

 

では、お客様はなぜ、あなたの商品・サービスを購入したいと思うのか。

そこを考えてみる必要が、ありますよね。

 

意外と、このポイント、皆さん見逃してしまうのです。

このポイントがつかめれば、ブログは割とスイスイ書けてしまうかもしれません。

 

 

そしてあなたが持っている素晴らしい商品にもっと簡単に!スムーズに!たどり着かせてあげられるかもしれないのです。

 

 

お客様動線は、理想のお客様が自分から会いに動いてくれる循環の図です。

お客様動線

あなたが欲しかった戦略はこの「自動集客無限ループ」なのではないでしょうか。

 

 

 

 

ブログは、あなたが集客と収益を自在にコントロールするという「本当の黒字経営をする」コース料理のなかの「一皿」にすぎません。

 

いわば単品料理です。

 

このお客様動線の流れは、数々の「単品料理」が集まったフルコースメニューと言えます。

 

 

 

無限にお客様が、集まり続けるようにするには、お客様との出会いのシーンから、また食べたい!と共感・感動するシーン…人に思わず紹介してしまうシーン…までをシナリオにして、お客様が熱烈にあなたを応援してくれる力を使わせてもらえばいいのです。

婚活コンサルタントの澤口珠子さんは、

 

出版なさった本とアメブロやホームページというメディアがありました。

出版直後の顧客の反応は良いのですが、ウェブから集まり「続ける」仕組みが必要な時代になると、非常に先見の明をお持ちでした。

 

FacebookやGoogleで露出。

その後の動線として「婚活は自分磨きのツールである婚活美人.com」という婚活中の女性の
お悩み解決する場というコンセプトでブログを創り、

3ヶ月で10万アクセスを獲得し多くの独身女性からの認知・共感を得ました。

「1日3分読むだけで婚活美人に毎日届く365の魔法のレッスン」というメールマガジンの読者が毎月200~400人、キャンペーンなしで集まり続けます。

澤口珠子さんはブログ・メルマガでの「無償教育」の内容で共感・信頼を高めメルマガの読者さんへのご案内でイベントやパーティーの集客を行い、さらに、婚活の講座や個別コンサルティングへの
収益につなげていくという独自の「必勝パターン」を確立なさってらっしゃいます。

 

 

売り込みなしで、理想のお客様だけが無限ループで集まり続ける売れ続ける基盤としての「お客様動線」。

 

構築できたら、素敵ですよね。

 

 

なぜ澤口さんが動線を構築できたのかというと、とにかく出し惜しみなく情報をブログで提供したからです。

 

無償教育を施し、感動を与え続けるからこそ、お客様は澤口珠子さんに会いたくなり、澤口珠子さんから習ってみたくなるのです。

 

 

冒頭でお話した「お客様はなぜ、あなたの商品・サービスを購入したいと思うのか」。
この答えはここにあります。

 

 

お客様は、感動し、共感するから、あなたから商品を買いたくなります。

それには買ってもらおうという「下心」を思い切って捨てる必要があるのです。

とにかくお客様に「提供する」。
お客様に、してさし上げる。

これが大事です。

 

 

ご自身が「買ってほしい・・・」というものを、ブログでただただ売り込んでも、お客様は逆にその売り込みを察して、はいはいとは買ってはくれません。

 

なぜだと思いますか?

 

お客様は、あなたの利益のために、お金を出すわけではないからです。

あなたにお金を払ってくれるお客様は、あなたが提供するサービスや商品にお金を払う「価値」があるかどうかを知りたいのです。

その判断基準が「共感・感動」です。

この共感・感動を、無限ループでお客様に与え続けられたら?

共感・感動を呼ぶ商品、つまりお客様が「それ!欲しかったのよ!」という商品をあなたが持っていて、それをきちんとブログで導入部分でもいいのでご提供できていたとしたら?

 

 

お客様はあなたの熱烈なファンとなり、いつでも積極的に応援してくれるでしょう。

 

 

あなたのビジネスがどれだけ唯一無二で業界では画期的な素晴らしい商品・サービスだったとしても最高の材料を揃えただけでは不十分です。

お料理して、お客様の目の前に出してからが本番です。

 

 

 

フォローお待ちしています