WordPressをインストールする方法・エックスサーバー編【はじめてのワードプレス】

   
WordPressをサーバーに自動インストールする方法<エックスサーバー編>
   

この記事では、
レンタルサーバーである「エックスサーバー」と契約し、
ドメインを取得した後に行う、
WordPress自動インストール機能について解説します。

 

エックスサーバーには
「WordPress自動インストール機能」があります。
難しい初期設定をすることなく、
すぐにWordPressでのサイト運営を
スタートさせることが可能です。

 

自動インストール手順

1)サーバーパネルより自動インストール→プログラムのインストールをクリックしてください。

エックスサーバー サーバーパネル

 

 

WordPressのインストール設定

1)WordPress のインストール設定をクリックしてください。

エックスサーバー ワードプレス自動インストール

 

各項目を入力し、最後に「インストール」を押してください。

 

 

WordPressのインストール設定
インストールURLあなたのドメイン名

[http://お客様のドメイン名]にて、お客様のWordPressにアクセスを希望しない場合は[wp]などのフォルダ名をつけてください。
ブログ名あなたのブログのタイトル
ユーザ名WordPress管理画面へのログインユーザ名
パスワードWordPress管理画面へのログインパスワード
メールアドレスあなたのメールアドレス
データベース利用するデータベースを指定します。
特に利用予定のデータベースが無く、新たに作成する場合は、「自動でデータベースを生成する」を選択してください。

 

エックスサーバー 移動インストール

2)確認し間違いがなければ「インストール」を押してください。
3)完了画面が表示されればインストール完了です。

エックスサーバー WordPressインストール完了

自動インストール完了後に、表示されたリンクをクリックし、ログイン画面へ移動します。

 

 

4)インストール確認

エックスサーバー WordPressダッシュボード

 

ログイン後、ダッシュボード内のブログタイトル部分をクリック
することで、インストール時に
設定したブログを確認することができます。

 

ワードプレス 画面

以上でWordPressの導入は終了です。

 

 

ここでは、サーバーの機能を使って、
自動でWordPressをインストールする方法を解説していますが、
手動でインストールすることももちろん可能です。

 

また、登録する際にサイト名も最初に登録しますが、
サイト名は後から変更することが可能です。

 

ですが、ユーザー名は一度設定すると変更はできませんが、
サイト上に表示するニックネームとして別名を設定することは可能です。

 

フォローお待ちしています