ロゴで明朝体を使わないほうがいい明確な理由

   
   

 

私が以前、制作会社のディレクター
だったころ、
コーポレートアイデンティティー
(略してCI)の権威である先生と
お仕事をご一緒させていただいた
ことがあります。

 

私もデザイナーの端くれとして(^^)
ロゴを何度かデザイン
させていただいてきましたが、
そのとき、なるべく使わない「書体」が
あるんです。

 

権威ある先生も、
あまりその種類の書体は使っていないです。

 

それは「明朝体」です。

私はなるべく「明朝体」
ロゴの文字として採用しません。

 

明朝体、と聞いてピンときますか?

こういった書体です。
Windowsでしたら
MS明朝であるとかMS P明朝などが
代表的なフォントです。

Macでしたらヒラギノ明朝でしょうか。

 

なぜ、明朝体を
使わないのか。

 

理由はカンタンです。
太くなったり細くなったりする箇所が
あることで、強弱があり、味のある
書体となりますが、
ロゴとして使うとき、
 

遠くから見ると、

見づらくなるから

使わないのです。

 

ゴシック体だと
線が均等すぎて、風情が出ないかも
しれませんが、私はロゴには何よりも
「わかりやすさ」
追求します。

またゴシック体も種類が揃っています
ので、クライアント様の先にいる
お客様が好むか好まないかを
ゴシック体の中からでも
決めることはできます。

 

 

明朝体だと

  • 厳かに見える
  • 格式高く見える
  • 丁寧に見える

という良さもありますが、
細すぎると見づらい。

 

 

私がロゴを制作させていただいた
お客様は、概ね
「スタートアップ」の方が多かった、
ということもあり、ロゴには
ゴシック体を多く採用してきました。

 

スタートアップの場合、
ブランディングよりも
認知のほうが大事です。

 

ですから、わかりやすさが
勝つのです。

 

 

もし、あなたが新規で
事業をスタートさせようと考え、
ロゴをデザイナーさんに
発注した場合、

デザイナーさんが
なぜ、その書体を使ったのか、
その理由も
必ず聴いたほうがいいです(^^)

 

たいていのデザイナーは
理由を持っています。
 

そして、できあがったロゴは
かならず遠くからも
見てみてくださいね。

 

見やすいか
見やすくないか。

 

視認性といいますが、
まず認知させるのだとしたら、
それはとても重要です。
 

ロゴは会社の顔です。
儚げな美人も素敵ですが、
丈夫で元気いっぱいな子
ほうが、すぐに認知して
もらえる(^^)!と覚えてくださいね!

 

フォローお待ちしています