お金をもらっているプロが言ってはいけない禁止ワード「とりあえず」

   
お金をもらっているプロが言ってはいけない禁止ワード「とりあえず」

ブログというのは不思議なもので、文章から人間味が溢れ出します。
専門的な内容のことを書けば書いたで、そこから人間味が出ます。

読んでいて「この人プロ!」ということが伝わることは、ビジネスでブログを役立てたいのであれば、ある意味当たり前にできていなくてはなりません。

 

 

これから起業しようとする方、もしくはプロとして歩み始めた方へのアドバイスがあるとしたら、それは「とりあえず」という言葉を、今後一切使わないと決めることです。

 

 

 

とりあえずを使うと、とりあえずなことしかしない

「とりあえず」はとても便利な言葉ですよね。

よく使われる例として代表的なのは「とりあえずビール」(笑)。

カイエダ
私は下戸ですので言ったことないですが…

「とりあえず」は、使いすぎると、その言葉を受け取る人への心象を悪くするのでご注意ください。

 

「とりあえず」がよくない理由

時と場合にもよりますが、私は「とりあえず」を多用する人と仕事をするときは、かなり用心している自分に気がつきます。

 

仕事のすべてが、「とりあえず」になっている印象を受けるからです。

 

カイエダ
本気出してないのかな?
カイエダ
必要最小限のことを「とりあえず」やっているのではないのかな?

と感じます。

 

受け取る側の印象が悪いのは、以下のような言葉に出てこない事情を読み取れてしまうからです。

とりあえずと言っておけば「全力を出さなくても済む」と、自分自身に言い訳している

 

経験がないためによくわからない。
だから「今」全力でやっても、多分上手くできないだろうという思いから「とりあえず」やってみる。

 

こういう状況のときもあるでしょうね。

そういうときは、この言葉に置き換えてみましょう。

さっそく、やってみる。

おすすめです。

「とりあえず、やってみる」よりも、急にやる気があるように感じられますよね。

 

「とりあえず」の先は「なんとなく」しか待っていない。

「とりあえず」が口癖の人、ご自身ではお気づきになっていませんが、非常に多いです。

そして「とりあえず」ではじめたことだとしても、なんとなくうまくいってしまう経験を持っています。

 

つまり能力が割と高い人も、この言葉を使ってしまいます。

ずっとこの言葉を口癖で使っている状態では、なんとなくの未来しか待っていません。

 

 

さらに言い換えたい言葉

「とりあえず」から

  • 徹底的に
  • とことん
  • 最後まで
  • 終わりまで
  • 本気で

へと、意識的に言葉遣いを変えてみましょう。

 

習慣を変えるというのは、とても難しいです。
ですがこれは本人でしか変えられないのです。

 

 

お客様の立場で考えてみるとわかりやすいですよ。
「とりあえず精神」でやってる人に、仕事を任せたいとは思えませんよね。

この人無責任なのではないかな?と心配になります。

 

選択肢は「やる」か「やらないか」のみ

選択肢は最初から「やる」か「やらないか」しかありません。

「とりあえず、やる」は選択肢にはないのです。

 

 

まとめとして

クリアしていない課題は、「とりあえず精神」でやったつもりになり逃げたとしても、ずっと追いかけてきます。

 

だとしたら「本気で」「とことん」最初から何事にも取り組んだ方が、逆に面倒くさくないです。

 

カイエダ
さっそく、取り組んでみませんか?

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカイエダ ミエをフォローしよう!

▼▼シェアしてもらえたら嬉しいです!
カイエダ ミエ

3ヶ月でブログを24時間働く営業マンに!おもてなしブログ®専門家/売れ続ける基盤を創るデザイ二スト。2001年よりWeb制作の道に入り、デザイナー、ディレクターを経験したのち、2007年に独立。現在はデザインも手がけるコンサルタントとして、Web集客からの売上アップを支援。お客様のペルソナのニーズを先取りし「デザインはおもてなしである」をコンセプトにサイト構築を手がける。自らのブログも含め、構築してきたブログ/Webサイトは350件以上。お客様の不安やお悩みを解決し喜ばせるブログで、ブログ読者様を「おもてなし」することを推奨。どうすればクライアントのビジネスにおいて、確実に集客できて売上アップにつながるのかを日々実践・探求し情報を発信している。