スパッと言い切り宣言!優柔不断は嫌われる!?〜即実践!ブログの質が激上がりする書き方のコツその8

   
スパッと言い切り宣言!優柔不断は嫌われる!?〜即実践!ブログの質が激上がりする書き方のコツその8
お客様
お客様

ブログを書くのも慣れてきました!
ですがイマイチ、プロとして信頼されているのか自信がなくて…。
もっと資格を取りに行こうかしら。


カイエダ

いい調子ですね!!
プロとして自信がないのは、文章にも出てしまいます。
資格を取るよりも、文章の書き方をちょっとだけ変えてみるだけで「この人プロだな」とじわじわと信頼されるようになりますよ!

お客様
お客様

教えてください〜!

 

「プロ」としての信頼を裏付ける文章の書き方

ブログのなかで、文章に説得力を持たせるには「断定する言い方」でスパッと言い切るようにしましょう。

  • 〜だと思います
  • 〜かもしれません

という言い方をすることが多い方は、気をつけてみてください。

 

つい「〜だと思います」と使いたくなりますが、読者様の気持ちを考えてみるとどうでしょう。

 

 

お客様
読者様

うーん・・・。なんだか、信頼できないな〜

 

困った
読者様

はっきりしてほしい・・・

という気持ちが湧いてしまうとは思いませんか?

 

優先すべきは「あなたの気持ち」ではなく「読者様の気持ち」

最初から、自分の知識に自信を持ちなさい!と言われても、難しいですよね。

気持ちはわかります。

  • これは〜です
  • 〜してください

と言い切ってしまうのが「返って無責任な気がする」と怖くなってしまうのではないでしょうか。

 

あなた自身も、以下の例文を読んでどちらのほうが信頼できるかどうか。
読み比べてみてください。

 

 

【例文1】

文章にリズム感があると、とても読みやすくなりそうです。

読みやすくなる、ということは読者様に好印象かもしれません。

また読者様に伝えたいことも、すんなり伝わると思います。

 

テンポよい文章を目指して、ブログを書き終えたあとは、ぜひ音読し見直してみるといいかもしれません。

 

 

【例文2】

文章にリズム感があると、とても読みやすくなります。

読みやすくなる、ということは読者様に好印象です。

また読者様に伝えたいことも、すんなり伝わりますね。

 

テンポよい文章を目指して、ブログを書き終えたあとは、ぜひ音読し見直してみてください。

 

 

いかがでしょう。

読み終えて、すんなり「そうだ!やってみよう!」と思えたのはどちらの例文でしたか?

 

例文1のような、「〜だと思います」「〜かもしれません」などで締められた文章では、歯切れが悪いです。

 

例文2のように、言い切ってもらったほうが、読者様としても読んでスッキリします。

 

ただし注意!「〜すべきである」は上から目線になってしまう!

断定表現を使えばいいんだ!と「〜すべきである」といった「決めつける」ような断定表現を使ってしまうと、「上から目線」と感じさせてしまい、読者様が離れる可能性が発生します。

 

▼参考記事

 

 

まとめとして

ブログの文章、とくにノウハウを教えるような記事では、文末は言い切り型で書くことをオススメします。

説得力が増しますよ。

 

「自信がない」というのは、あなたのエゴです。

読者様・お客様はそんな「自信のない」プロの言うことを、そもそも信頼しません。

あなたが培ってきた経験・知識・想いを、あなた自身が信じなくてどうするんですか。

 

 

お客様を幸せにするのは、あなたですよ。
お客様に幸せにしてもらうのではありません。
あなたが、幸せにするのです。

 

しっかり断定してくれる文章で、そんなあなたの姿勢をきちんと表現しましょう。

読者様はあなたを「頼もしい」と感じてくれます。

 

 

おもてなしブログ®最新情報はメルマガで▼

フォローお待ちしています

カイエダ ミエ

3ヶ月でブログを24時間働く営業マンに!おもてなしブログ®専門家/売れ続ける基盤を創るデザイ二スト。2001年よりWeb制作の道に入り、デザイナー、ディレクターを経験したのち、2007年に独立。現在はデザインも手がけるコンサルタントとして、Web集客からの売上アップを支援。お客様のペルソナのニーズを先取りし「デザインはおもてなしである」をコンセプトにサイト構築を手がける。自らのブログも含め、構築してきたブログ/Webサイトは350件以上。お客様の不安やお悩みを解決し喜ばせるブログで、ブログ読者様を「おもてなし」することを推奨。どうすればクライアントのビジネスにおいて、確実に集客できて売上アップにつながるのかを日々実践・探求し情報を発信している。