ブログを運営する理由のひとつは、専門家としてどんどん認知されるから

2015年10月7日マーケティング知識,ブログがビジネスに役立つ

ブログを運営する理由のひとつは、専門家としてどんどん認知されるから
カイエダ

カイエダです。
この記事では、ブログを運営する理由のひとつについて、掘り下げて解説してみます。

メールアドレス欄にはPC用のメールアドレス(gmail、Yahoo!メール、その他お仕事用のメールアドレスなど)をご入力ください。
Apple系メールアドレス(icloud.com、me.com、mac.com)や、携帯キャリア系メールアドレス(docomo、au(ezweb)、softbank等)のメールアドレスはメールが届かない可能性があります。

スポンサーリンク

ブログを運営する理由

  • あなたがお客様のどんな悩みを解決する専門家なのか。
  • 何の専門家なのか。
  • その言葉をキーワードとしてブログに積極的に織り込んでいるかどうか。

検索エンジンからやってきた訪問者だけでなく、InstagramやTwitter、FacebookなどのSNSからブログにやってきた訪問者へのアピールは、プロフィールやブログタイトルでも、専門家として認知が深まります。

 

ブログを開設している人は、もうすでにあなたが知らない間に、「あなたがこういう専門家です」というブランディングが行われており、認知が浸透している可能性があります。

したがって、これからブログを構築していく場合にも、とても大切な部分になります。

この専門家としての認知の方向性が間違った方向に進んでしまえば、あなたが希望する理想のお客様は集まりません。

 

お客様目線で考えることの重要性

周りからどのように見られているのか。
共感や信頼を高めていくためには、どう魅せるのかではなく、どう見られているのか、という視点も大切です。

どう見られているのか……を意識できるのであれば、ブログ上で公開されている

  • お客様の声
  • プロフィール
  • 日々の研究成果としてのブログ記事
  • ユーザーとのやりとり

など、たくさんの読者様や訪問者様が見ている!というのを絶対に忘れてはいけません。

1対1のコミュニケーションではなく、1対多数の公開の場所と認識しておいてください。

 

残念ながら、ブログは記事を書いて、その記事が検索されて上位表示されるようになるまでに時間がかかります。

ですから、基本的には、Webで集客の効果を高めたいのであれば、積極的にSNSを利用することは必須条件となります。

カイエダ

でもなかには、SNSが苦手な人もいること、知っています。
自分のペースで活動したいですものね。

あなたを知ってほしいお客様に、何を知らせるか

アフィリエイトで記事を検索エンジンで上位表示させることでブログ収益をあげることが目的だったら、とにかく記事の数を増やしていくか、1つずつの記事の精度をあげていくほかありません。

 

上記が目的、というわけではなく最終的にあなたへの仕事の依頼へつなげるとか、問い合わせを増やすとか、メルマガやLINE登録者を増やすことが目的なのであれば、記事を量産することよりも「あなたが、あなたを求めるであろうお客様の何を解決できるのか」を、ちゃんとどの記事にも盛り込んでいく必要があります。

 

日頃、お客様候補とSNSでコミュニケーションをとる関係性を築かないのであれば、的確に一回記事を見ただけで、興味を持たれ、気になる存在とならないといけません。

 

SNSなども、せめて「入り口」は閉じないようにしておきましょう。
各サービスにいるユーザーの目に触れるように、常にブログの存在を表示しておくこと。
とても重要です。

つまり、必ずどのSNSにもリンク先を追加しておくこと。
これ、意外とやっていない人多いですよね。
これだけでも違いますよ。

重ねれば重ねるほど記事が増え、専門家としての認知が強固なものになっていきます。

まとめとして

カイエダ

お客様の何を解決する専門家なのかを、わかりやすく表示できているかどうか。
SNSなどにブログへのリンクは必ず貼っているかどうか。

この人は専門家だ!本物だ!と認知されたらシメたもの。
ブログはあなたが専門家であることを積極的にアピールする場所としての機能があります。
そのための露出の工夫、いまいちど、確認してみてくださいね!


おもてなしブログ®︎最新情報はメルマガから▼

メールアドレス欄にはPC用のメールアドレス(gmail、Yahoo!メール、その他お仕事用のメールアドレスなど)をご入力ください。
Apple系メールアドレス(icloud.com、me.com、mac.com)や、携帯キャリア系メールアドレス(docomo、au(ezweb)、softbank等)のメールアドレスはメールが届かない可能性があります。