ブログを書きやすくする基本的な文章構造「5W 3H 1R」メモの活用

   
ブログを書きやすくする基本的な文章構造「5W 3H 1R」メモの活用
   

カイエダ

おもてなしブログ®︎専門家カイエダです。
よくいらっしゃるのですが「文章が下手でブログがつづきません」という方や、「書きたいことがどんどん浮かんできて、整理できず書けません」というお悩みを伺います。


お客様

私もです。
文章を書くことに慣れていないので、文章の組み立て自体がわからないです。

ぐちゃぐちゃになってしまいます。


カイエダ
なるほど!
では、基本的な文章の組み立て方法を解説しますね。
読者様にとって読みやすい文章をつくるコツをお伝えしていきます。

基本的な文章構造「5W 3H 1R」を使ってメモをつくる

中学校の英語で5W1Hという「疑問詞」を習いました。

  • Who(誰が)
  • What(何が、何を)
  • When(いつ、いつまでに)
  • Where(どこで、どこへ、どこから)
  • Why(なぜ、どうして)
  • How(どのように)

 


カイエダ
懐かしいですか?

この5W1Hに、さらに3つの要素を追加します。

  • Who(誰が)
  • What(何が、何を)
  • When(いつ、いつまでに)
  • Where(どこで、どこへ、どこから)
  • Why(なぜ、どうして)
  • How(どのように)
  • How many(どのくらい)
  • How much(いくら、価格)
  • Result(結果)

 


お客様
これがどう文章の型になるのでしょうか?
カイエダ
カイエダ
次のように置き換えて文章を書く前のメモをつくるとわかりやすいですよ。

 

 

  • Who(伝えたい人は誰?)
  • What(何に使えるのか、利用できるのか)
  • When(いつ使えるのか、利用できるのか)
  • Where(どこで使えるのか、利用できるのか)
  • Why(なぜ必要なのか、なぜ今なのか)
  • How(どのように使うのか、利用するのか)
  • How many(どのくらいの量、大きさ、重さなのか)
  • How much(価格はどのくらいなのか)
  • Result(使った結果、利用した結果どうだったのか)

この「5W 3H 1R」を意識しながら文章を書く準備をすると、情報がとても具体的に整理されます。

簡単にメモしておくことで、スラスラと文章が書けるはずです。


カイエダ
5W 3H 1Rは下準備です。

では具体的に文章を書いてみましょう。

 

 

ブログ文章下準備の具体例

私が書ける内容で書いてみますね。

では「お客様の声の重要性について」というテーマについて、5W3H1Rに当てはめて骨子を考えます。

 

テーマ「お客様の声の重要性について」

Who

起業して数年経っている個人事業主で、売上を安定させたい人向けに。

What

お客様の声を。

When

ビジネスの冷え込む二八(ニッパチ)の期間に(2月と8月は商売が低調で、売上げが下がるのが常だと言われています)。

Where

ブログで。

Why

売上が低調になる時期にこそ、お客様の声をブログ記事として量産し、信用度をあげるために。

How

おもてなしブログ®︎オンラインアカデミーでお配りしている「お客様の声テンプレート」を活用し、これまでいただいてきたお客様の声を整理し、文章化する。

もしくはテンプレートに即したご感想を既存客にいただくよう動く。

How many

1ヶ月で最低でも10記事。
それ以上ならばなおよい。

How much

費用はかからないが、お客様にお声をいただくために商品をモニター価格で提供する必要がある場合もある。

Result

お客様の声を活用するとどうなるのか。

これまでの実績を語る。

 


カイエダ
まじめか!という感じですけどね(^▽^)

ひとつのテーマを5W3H1Rの9つの項目で具体化しておくことで、記事が書きやすくなります。

さらに、事細かに解説することにもつながり、とても丁寧ですよね。

 

読者様が一番知りたいのは、最後の「Result(結果)」

読者様は、それやったらどうなるの?という点を一番知りたいものです。

その点を具体的にわかりやすく書いてあげることが大事です。

  • やってみたい!
  • ほしい!
  • 行ってみたい!
  • あってみたい!

と即行動したくなるような文章になるよう、努めましょう。

 


おもてなしブログ®︎最新情報はメルマガから▼

フォローお待ちしています