お客様を惹き付ける「文章や言葉」とは

ブログ記事本文

お客様を惹き付ける「文章や言葉」とは
カイエダ

カイエダです。
「文章書くの苦手…」
「文章を書くのは好きだけど、それが集客と結びつかない」というお悩みをよく伺います。

メールアドレス欄にはPC用のメールアドレス(gmail、Yahoo!メール、その他お仕事用のメールアドレスなど)をご入力ください。
Apple系メールアドレス(icloud.com、me.com、mac.com)や、携帯キャリア系メールアドレス(docomo、au(ezweb)、softbank等)のメールアドレスはメールが届かない可能性があります。

スポンサーリンク

どうすれば 文章で お客様が集まるのか?

Webでお客様が集まるために、必要不可欠なチカラ。
それは、お客様を惹きつける文章や言葉をつくるチカラ」 です。

SNSでもブログでも、メルマガでもLINEでも、欠くことができないのは「文章」だったり「言葉」です。
もちろん「パッ」と印象づける「イメージ」の力も、いわずもがな大事です。
ですがそのイメージには、必ず心を揺さぶる「文章」や「言葉」も付随しています。

カイエダ

ポスターや看板には、必ず言葉も一緒に入っていますよね。

また、目で見るだけではなく、耳からも「音」として、文章や言葉は入ってきます。

では、どうすれば「お客様を惹きつける」ような文章や言葉をつくることができるのでしょうか。

お客様を惹きつけるコツは「わかりやすさ」

カイエダ

お客様を惹きつける一番のコツは「わかりやすく書く」ことです。

「できれば、小学校高学年の子どもにも、伝わるほどわかりやすくすること」。

お客様を惹き付けるためには、まず伝えようとする内容が『とにかくわかりやすいこと』が重要です。

素晴らしい文章というものはわかりやすい、『わかりやすい』から『伝わる』のです。

例を出してみます。

カイエダ

例えば、専門用語が使われている文章と普段使っている言葉で解説されている文章があったとき。
あなたはどちらを選びますか?

「ドメイン」とは?の解説文、どちらがわかりやすいですか?

以下の解説文は、【1】はウィキペディアの文章で、【2】カイエダの文章です。

  1. ウィキペディアの文章
    全体の中に定義される部分領域。
    特に、インターネット上に定められた部分領域を言う。
  2. カイエダの文章
    ネット上の「住所」に当たります。
    住所と違うところは、自分でその文字列を選べること。
    選べるとはいえ、ドメインは「早い者勝ち」です。
    たとえば、 abc.comというドメイン(住所)がほしくても、他の人に取得されてしまっていれば、もう取れません。

【1】のウィキペディア、【2】私の文章とどちらがわかりやすかったですか?

私は常に、専門用語で伝えることよりも、読む方にとってわかりやすく伝えることを心がけています。

カイエダ

正直、なかなか難しいです。
お伝えしたくても、専門用語が使えないとあまりに難しすぎるときは筆が進みません。
そのせいで下書きにしているブログ記事は、100件以上あります。

まとめとして

お客様を惹き付ける文章や言葉のチカラを身につけるには、『とにかくわかりやすく書く』ことを、まずは目指してみてください。
「例え」を出してみると、わかりやすくなりますよ。
参考にしてみてくださいね。


おもてなしブログ®︎最新情報はメルマガから▼

メールアドレス欄にはPC用のメールアドレス(gmail、Yahoo!メール、その他お仕事用のメールアドレスなど)をご入力ください。
Apple系メールアドレス(icloud.com、me.com、mac.com)や、携帯キャリア系メールアドレス(docomo、au(ezweb)、softbank等)のメールアドレスはメールが届かない可能性があります。