母なる小悪魔「ピンク」の意味〜ブログに活かす色彩心理マーケティング

母なる小悪魔「ピンク」の意味〜ブログに活かす色彩心理マーケティング

ピンク」・・・というと、
あなたはどんな連想しますか?

  • 女の子の色…
  • お菓子の色…
  • なんだか甘〜い色…
  • 安らぐ色…

などなど、たくさん浮かぶのではないかと思います。今回はピンクの色彩心理を紹介したうえで、ブログでピンクを使うときの注意事項などをお話します。

 

ピンクという色の意味

優しさの象徴

ピンクは「優しさ」の象徴です。
かわいらしい女性を表現する色
として(割とこれもすでに
古風なステレオタイプですね)
使われる色です。

戦隊ヒーローの女性

 

子宮の色。
偉大なるお母さんの色

なかでも淡いピンク・・・
(コーラルピンク。サンゴ礁の色)
は、温もりを感じ、居心地のよさを
感じます。

 

コーラルピンクは、
子宮の色と言われ、
母親に包まれている
感じを彷彿とさせます。

お母さんありがとう 

リラックスの色とも言われ、
性格を穏やかにし、
筋肉を弛緩させる効果も
あります。

 

日本で淡いピンク・・・といって
真っ先に思い浮かぶのは
「桜」です。

お花見

リラックスさせてくれる・・・
という意味も、頷けますね。

 

子宮の色、ということで
「守る」「守られたい」という
意味も出てきます。

 

守りたい、から
無償の愛へ。

無条件の愛を注げる対象
といって、すぐに思いつくのは
赤ちゃんです。

 

赤ちゃん・・・名前のとおり
「赤」いから赤ちゃんなのですが、
お肌はほんのり、ピンク色ですよね^^

 

赤ちゃん

赤ちゃんをお世話にしても、
何かを返してくれるわけでは
ありません。幸福感はいっぱい
くれますけれどもね。それで
十分か・・・(^^)

 

心から愛し、大切にしていきたい!
という強く想いが湧き上がって
くるものなのでしょうね。

 

一方、恋に落ちたときも、
人は盲目となり、
相手のために精一杯尽くしたり
します。

 

ですが相手からの反応が悪いと、
自分ばかり一生懸命な
ような感じがして、
犠牲になっている感が
否めなくなる場合も
あります。

 

犠牲心を持つことに
罪悪感を感じてしまう人も
いるでしょう。

 

 

このように、

守りたい、無償の愛、という
意味から派生して
「見返りを求める」「犠牲」という
意味も生まれました。

 

愛してほしい

人は本来、どなたでも
愛されたいと願っています。

モテる女性

それは抱っこして微笑むと
微笑み返してくれる赤ちゃんの
ように、人には皆、生まれた
ときから愛されようとする
本能を持っているのでは
ないでしょうか。

 

たくさん愛情をもらって育つと、
それは生きるパワーとなります。

 

自分を愛し、
自分を信じ、
世の中を信じられるように
なります。

 

「愛されたい」
「モテたい」と
思う気持ちは、
自分は愛される対象である
ということを、自分で
確かめたいという
現れでもあります。

 

愛されたいならば、
まずあなたが人を愛す。

 

キリスト教の教えだけでなく、
過去の偉人たちの言葉からも
発見する真理です。

 

 

キャピキャピ! から
小悪魔の顔

ピンクは、一見
か弱く、はかなそうな
女の子を連想させますが、
 

人が見てないところでは
ちゃっかり舌を出す…
そんな小悪魔な性格を持つ色です。

 

コーラルピンクのような
黄味がかったピンクではなく、
どちらかというと
青みがかったピンクが
こちらのイメージに当てはまります。

 

小悪魔ガール

これは「愛されたい」という
色彩心理から発展した
「人を支配したい」という意味
からきています。

 

かわいい女の子だったら
支配されてもいい!
と思ってしまう方も
多いかもしれませんね^^

 

 

若返り!

 

ピンクは内分泌系を活性化し、
若返りを促進させる効果が
あるそうです。

 

精神的にも肌のツヤなど、
肉体的にも若々しくなります。
 

ピンクの服や下着を身につける!
薄い綺麗なピンク色を取り入れた
部屋で生活する!

これだけで活性化し
若返る効果があるのだとか。

鏡を見る 

 

ふくよかに見せる

また、ピンクは
膨張色(膨らんで見える色)
のため、痩せている方が着ると
ふっくら見せる効果があります。

女性

グラマーに見せたい女性は
ピンク色の力を借りると
効果を発揮できそうです。

 

 

 

ブログでピンクを
使うと・・・?

女性向けのデザイン、
「とりあえずピンク!」は
やめましょう

 

意外かもしれませんが、
女性はあまりピンクが
大好き〜〜〜!という人、
見かけません。

 

深層心理では嫌いではない
気がします。ですが
女性だからピンク色に
しておけばいい、という安易な
発想はやめましょう。

 

女性はもちろん優しいピンクが
好きな方もいれば、ビビッドな
ピンクのさし色が好きな方も
います。

 

トレンドもあるため、
決めつけでの配色はよろしく
ありません。

 

背景色で薄いピンクは
優しいイメージに。

ブログやWebサイト全体の背景色
を、うすーいピンク色にすると、
とても優しいイメージに
なりますが、強い!イメージには
一切なりません。

 

癒されたい・・・という方が
理想のお客様なのであれば、
とても効果的な色でしょう。

 

包み込んでくれる優しさを持つ
色ですからね。

 

文字色で使うならば
ビビッドな強いピンク
でなければ、見えない。

文字色でピンクを使うのであれば、
ビビッドが強いピンクでないと、
イエローと同じく見えません。

 

文字は読みやすく、が
大切です。

 

ビビッドなピンクでも、
赤よりは少し優しい色味に
なるため、赤のかわりの
強調として使うと、
個性を発揮できそうです。

 

まとめとして

本日は「ピンク」について
お話しました。

お母さんの色かと思えば、
かわいい小悪魔ガールの色でも
あったりします。

 

あなたの理想のお客様には
どのタイプのピンク色が
合うのか、フィットするのか。

 

ぜひ、色のメッセージを捉え、
上手にブログにも
活かしてみてくださいね。

 

▼ブログ最新情報はメルマガ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカイエダ ミエをフォローしよう!

▼▼シェアしてもらえたら嬉しいです!
カイエダ ミエ

3ヶ月であなたのブログを24時間働く営業マンにする「おもてなしブログ専門家」ビジネスデザイン・コンサルタント。2001年よりWeb制作の道に入り、デザイナー、ディレクターを経験したのち、2007年に独立。現在はブログを軸とした集客からの売上アップを得意とする、デザインも手がけるコンサルタント。
お客様のペルソナのニーズを先取りし「デザインはおもてなしである」をコンセプトにサイト構築を手がける。
自らのブログも含め、構築してきたブログ/Webサイトは300件以上。お客様の不安やお悩みを解決するブログで、ブログ読者様を「おもてなし」することを推奨し、どうすればクライアントのビジネスにおいて、確実に集客できて売上アップにつながるのかを日々実践・探求し情報を発信している。