長い文章でも読まれる『小見出し』の使い方【滞在時間を長くするコツ】

長い文章でも読まれるコツ『小見出し』を活用する

ブログの記事をいかに読みやすくするか、の工夫は小見出しを活用することです。

1ページあたりの滞在時間を長くする戦略

1ページあたりの滞在時間を長くすることは、SEO対策として、重要な指標の一つとなります。
コンテンツの質をロボットであるGoogleの検索エンジンが評価するとき「積極的に読者がサイトに関わっている」とみなされるのです。

 

確かに、長くサイトに読者さんにいていただいたほうが、
メルマガ登録率があがり、
そのほか個別セッションやセミナーへの
申し込み率があがる可能性が高まります。
ですので長い文章をじっくり
読んでもらうことが必要になってきます。

 

ところが、インターネットのユーザーは、
総じて「せっかち」です(^^)

そして。

残念ながら、ろくに長い文章なんて
読んでくれません!(^^)

相当おもしろくないと!

 

ただ、長い文章を読んでもらうため
工夫があるんです。

 

次の行を「読みたい!」と思わせるには?

記事タイトルで「読みたい!」と思わせる

読みたいと思わせるには、やはりタイトルが8割決まります。

 

最初の数行で続きを「読みたい!」と思わせる

いわゆるリード部分。

 

段落ごとに「読みたい!」を用意する

段落ごとに文章を意識します。

 

 

以上3つの工夫が必要です。
やっぱり記事タイトルが大切なのは
言わずもがな、です。

 

段落ごとに小見出しを入れる

3つの工夫の一番最後、
「段落ごとに読みたい!を用意する」

簡単なコツは「小見出し」を入れること。

段落はある程度の文章の塊を意味します。

この段落の要約
小見出しとして設置することを
オススメします。

 

私のブログ記事のなかでも、とくに
長いものは適宜小見出しをいれて
読みやすくなる、読みたい工夫をしています。

 

水色の飾り枠のところ、です。
いっそ本文を読まなくても、小見出しさえ読めば
意味が通じるであろう、内容にしています。

興味を持てば、読んでくれるはず・・・!
淡い期待です^^

 

大事なのは長文を読みたくなる動機付け

そして何より大事なのが
「長文を読みたくなる動機づけ」です。

  • ギャップを埋めたい。
  • 理由を知りたい。
  • 興味を持った。
  • 読まないと機会損失になりそう。

 

などなど、次の行を読まないと
損すると
思わせることが重要
です^^

 

心がけてみてください!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカイエダ ミエをフォローしよう!

▼▼シェアしてもらえたら嬉しいです!
カイエダ ミエ

3ヶ月であなたのブログを24時間働く営業マンにする「おもてなしブログ専門家」ビジネスデザイン・コンサルタント。2001年よりWeb制作の道に入り、デザイナー、ディレクターを経験したのち、2007年に独立。現在はブログを軸とした集客からの売上アップを得意とする、デザインも手がけるコンサルタント。
お客様のペルソナのニーズを先取りし「デザインはおもてなしである」をコンセプトにサイト構築を手がける。
自らのブログも含め、構築してきたブログ/Webサイトは300件以上。お客様の不安やお悩みを解決するブログで、ブログ読者様を「おもてなし」することを推奨し、どうすればクライアントのビジネスにおいて、確実に集客できて売上アップにつながるのかを日々実践・探求し情報を発信している。