記事を見つけやすくして、おもてなし度UPブログに。

   

スマホ”ファースト”ブログへROCK ON!

連載第6回:

記事を見つけやすくして、
おもてなし度UPブログに。

 

<第1回>


<第2回>

<第3回>

<第4回>

<第5回>

 

 


新着記事はトップページに
掲載されて目立ちます。ですので
よく読まれるのです。

 

ですが一定期間経つと、
トップページから見えなくなり
過去記事となります。

 

過去の記事も
ぜひとも読者様に
読んでいただきたい。

そのための動線
つくっておきましょう。

 

1)記事下に関連記事を入れる。

 

関連する記事を表示しておくと、
読者様にとってとても
便利です。

作成側の私たちにとっても、
ページビューが増え、また
回遊率が高まり好都合^^

 

おひとりが
10ページを読む

のと、

10人が
1ページずつ読む

のも、
トータルのベージビューは
同じ計算です。

 

ですが、おひとりの読者様に
多くのページを
読んでいただいた方が、
よりメッセージもお伝えしやすく、
かつ
「メルマガ登録」
「個別相談申し込み」
「セミナー申し込み」など、
読者様の次への行動を
促しやすくなります。

 

おひとりあたりのページビューを
増やす努力をしていきましょう。

 

各記事の最後に関連記事リストを
掲載すると効果的です。

 

WordPressで関連ページを自動表示させる。

 

プラグイン「WordPress Related Posts」

こちらのプラグインは、
関連記事と判断した
記事を自動で記事下に表示してくれます。

 

ただ、その自動表示した記事が、
そんなに関連がない場合も
ありますよね。

このプラグインでは、
自分でも関連記事を
編集できるところが優れています。

※上の画像のオレンジのボタンは、
WordPressに管理者としてログインしている
方にしか見えません。

 

 

2)カテゴリー分けをしっかりやる

カテゴリーが整理されていると、
読者様が過去記事を探しやすいです。

 

わかりやすいカテゴリー名
カテゴリー階層を作りましょう。

 

Googleもブログ内容を
把握しやすくなり、
SEOにつながるという大きなメリットも
ありますよ^^

 

ロジカル・カテゴライズ

カテゴリー分けは論理的に行います。
例と出しますね。

ブログ > SEO >アクセスアップ

のように、親カテゴリーが子カテゴリー
を含むような構造にします。

ブログ記事が増えるにしたがって
カテゴリーは増えがちです。

また重複も発生してしまいます。
定期的に見直して、理解しやすい、
わかりやすいカテゴリー構造を
目指しましょう。

 


次回は、この連載も最終回です。

まとめとして、
スマホファーストブログ
チェックリスト

をお送りします。

 

お楽しみに!

 

 

フォローお待ちしています