人は誰でも楽したい。手っ取り早く売上を上げたければ、急がば回れ!そのマーケティング的根拠とは。

起業家の「甘え」が発生する理由

人は誰でも楽したい。
手っ取り早く売上を上げたければ、急がば回れ!
そのマーケティング的根拠とは。
について、考えてみます。


得てして、
人は誰しも、
甘えん坊ちゃん
です。

ラクしたいし、
だら〜っとしたいし、
休みたいし(笑)
できることなら、
集客で悩んだりせずに
「ラクに何もせずにも、
お客様が集まってくればいいなー」

と、都合よく考えます。

 

そのせいかわからないですが、
私のもとに、個別相談にくる方の
中には、

 

「カイエダさんは、魔法の杖
 持っていて、チチンプイプイで
 集客できる呪文
教えてくれるのでは!(タダで!)

という期待を込めていらっしゃる方が
大勢います。

 

残念でした・・・。

 

私、魔法使いじゃありません(^▽^)
そしてそういう期待を込めて来る方は
少し話しているとわかるので、
もし呪文を知っていても、
簡単に教えないです・・・

きっと教えたとしても
ヤラナイのが目に見えているから^^
「急がば回れ」の理論を礎となる
2ステップマーケティング
下図を参考に解説させていただきます。

 

2ステップマーケティング

  • Aゾーンは、あなたへの信頼度が浅いが、ニーズが高いお客様。
  • Bゾーンは、あなたへの信頼度が浅いが、ニーズも低いお客様。
  • Cゾーンは、あなたへの信頼度が深く、ニーズが高いお客様。
  • Dゾーンは、あなたへの信頼度が深く、ニーズは低いお客様。

 

すぐに買ってくれるのはCゾーンのお客様

あなたのことを信頼してくれていて、
しかもあなたの商品を欲しいと
思っているお客様である
Cゾーンを狙うのは
一番「ラク」ですよね。

 

ただ、Cゾーンのお客様が
常にいるわけではありません。
(いつもいたら、いいですが・・・)
そして次に狙うとしたら…起業家の
80%以上の方がAゾーン
狙いはじめます。

 

Aゾーンを狙う危険性

信頼度はないけれども、ニーズが
高い方ですね。

世の中の多くの
コンサルタントさんは
このAゾーンを狙うことを
おすすめしているはずです。

なぜならば、Aゾーンを狙えば
コンサルタントさん自身が
成果を出しやすいから。

成果を出して
契約を継続をしていくのことが

コンサルタントの収入
なりますから、
当然のことと言えるでしょう。

世に出回っている
マーケティング手法は
ほぼこのAゾーンのための
ノウハウばかりです。
Aゾーンにはライバルが多いために
リスクがあります。

ライバルが多く存在するということは
価格競争がおこる可能性
あります。

たとえ価格競争が
おこらなかったとしても
認知露出のための
プロモーション合戦が
待っています。

広告費を多大に使った消耗戦に落ち入れば
資本のある大企業しか生き残ることが
できなくなってしまうのは、
明白ですよね。

ですのでAゾーンを狙っても
決してラクではないです。

 

Dゾーンに甘えが潜んでいる。

じゃ、Dゾーンは?
Dゾーンだったら、信用されてるし、
いいんじゃないの?

実は!!
このDゾーンを
期待すること自体、
起業家の甘えが
潜んでいるんです〜!!!

Dゾーンのお客様は、
あなたへの信頼度が深く、
ニーズは低いお客様。

具体的に言うと。

 

  • お友達
  • お友達の紹介
  • 身内
  • 既存顧客の紹介

などの縁故がメインです。

 

私もかつて、
Webデザイナーをしていたとき、
Dゾーンだけで収入が
成り立っていました。

すでに信頼してくれているし、
集客しなくても私に依頼してくれる。

とってもラクでした。

ただし!!!

こんな紹介などがいつまでも
続くわけがありません。

続編として
【悲報】未来のファン創りを怠ると、恐ろしい未来が待っている!?急がば回れのマーケティング理論をお送りします!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカイエダ ミエをフォローしよう!


カイエダ ミエ

3ヶ月であなたのブログを24時間働く営業マンにする「おもてなしブログ専門家」ビジネスデザイン・コンサルタント。2001年よりWeb制作の道に入り、デザイナー、ディレクターを経験したのち、2007年に独立。現在はブログを軸とした集客からの売上アップを得意とする、デザインも手がけるコンサルタント。
お客様のペルソナのニーズを先取りし「デザインはおもてなしである」をコンセプトにサイト構築を手がける。
自らのブログも含め、構築してきたブログ/Webサイトは300件以上。お客様の不安やお悩みを解決するブログで、ブログ読者様を「おもてなし」することを推奨し、どうすればクライアントのビジネスにおいて、確実に集客できて売上アップにつながるのかを日々実践・探求し情報を発信している。