コンテンツマーケティングは恋愛に似ている!恋愛的顧客創造のススメ

2016年1月26日コンテンツマーケティング

 


カイエダ

おもてなしブログ®︎専門家カイエダです。
ご質問にお答えしていきますよ!

お客様
お客様

さっそく質問です。
「コンテンツマーケティング」とはどんな意味なのでしょうか。

カイエダ
カイエダ

「提供する情報の内容(=価値)で、お客様を創ること」です。

ファンになっていただき、最終的に商品やサービスを喜んで買っていただくことですね。 

 

 

コンテンツマーケティングは恋愛に似ている

コンテンツマーケティングは 恋愛に似ています。
恋愛として考えると 非常にわかりやすいのです。

たとえば。

初めて会った人に、いきなり 「結婚してください」「つきあってください!」とプロポーズしたり告白することはあまりありませんよね。 
 


カイエダ
もちろん、一目惚れ、ということもありますけれども・・・

一方的に「好きになる」ことはOKとしても、相手の同意を必要とすること…付き合う、結婚することはすぐには難しいのではないでしょうか。

 

まずは自分に興味を持ってもらうこと、 そして、 自分を好きになってもらう努力をするはずです。 

 

コンテンツマーケティングも、 お客様に興味をもっていただき、 段階的に関係を深めていくという点で恋愛と共通しています。 

 

シミュレーションしてみます

出会った! 
>>超かわいい! 
>>相手の好きそうなことを調査 
>>自分に関心をもってもらえる振る舞い 
>>話しやすい関係に 
>>グループでレジャー 
>>ふたりで食事! 
>>回数を重ねる 
>>告白! 

恋愛もこういう工程を踏んでいきます。
>> だいたい・・・ 

現在コンテンツマーケティングは、 アメリカの約9割の企業が 採用しているとのこと。 

例えば、コカコーラやP&Gなどです。 

影響力の強い企業が コンテンツマーケティングに取り組み、注目されています。 
大企業も恋愛力をもってして、 顧客に歩み寄っているんです。

 

コンテンツマーケティングをマスターするには、まず「おもてなしのプロ」になりましょう。 
おもてなしのプロは、お客様を喜ばせることに軸をおきます。 

 

これができるあなただとしたら。 大企業以上に、個人の事業家だからこそお客様のために 小回りよく活動できるんです。