その「カタカナ用語」がお客様の動きを止める!あなたのブログは大丈夫?

   
その「カタカナ用語」がお客様の動きを止める!あなたのブログは大丈夫?
  カイエダ 
おもてなしブログ®︎専門家カイエダです。
今回もよく寄せられる質問にお答えします。
   お客様
カイエダさん、私はブログを書くことが好きだったのですが、なかなかお客様からの反応が得られず苦戦しています。
一度、顧客にも「毎日読んでいるけれど、何を書いているのかわからない」と言われてしまって、自信がなくなってしまいました(涙)
  カイエダ 
なるほど。
顧客からのひとことは、ある意味ありがたいアドバイスです。
「毎日読んでいるけれど」って、嬉しいじゃないですか。
読ませていただきましたが、もしかしたらブログに「カタカナ用語」が多いのかもしれませんね。
業界外の私には、よくわからない単語が多かったです。
   お客様
え!そうなんですね。
自分では当たり前に使っていました・・・!
改善してみます〜〜〜!

自戒もこめて。カタカナ用語をわかりやすくするには。

上記の会話例のように、自分の業界の言葉はつい「当たり前」に使ってしまいます。
とくにカタカナ用語は理解されづらいです。

 

  カイエダ 
私の例を出しますね。

私のもとに来てくださるお客様は「Webが苦手」という方が非常に多いです。
話を伺ってみると、Webを難しいと感じる大きな要因のひとつに「カタカナ用語」が挙げられます。

 

Webの「カタカナ用語」を日本語に変換!もしくは説明

SNSなどでもかなり使われている言葉ですが、なんとなくの意味しかわからずに使っている方も多いかもしれません。

すべて、日本語で置き換えたり、説明を加えることが可能です。

 

たとえば…

ログイン(かなり意訳して) 入る
ログアウト(かなり意訳して) 出る
インストールコンピュータにソフトウェアを追加
ダウンロード(上から下へ) 落とす
アカウント利用資格
アクセス交通案内、目的地への行き方
フルスクリーン全画面表示
ブラウザインターネット情報を見るソフト
スワイプ(スマホでは)画面で指をすべらせること
FAQよくあるご質問
ナビゲーションご案内

 

カイエダ
日本語での説明に、かなり苦戦しました(笑)

少し長くはなってしまいますが、日本語で説明を加えることは可能です。

日本語で置き換える単語が存在しない場合は、説明文を書き加えたり、イラストで表現するのも親切です。

 

専門用語や不明なカタカナ用語でお客様の動きを止めていないだろうか

上記はWebでよく出てくるカタカナ用語を表現してみましたが、あなたの専門分野でも、カタカナ用語を使いすぎていませんか?

 

ご自身のブログでよく使う言葉を調べてみてください。

わからない言葉が少しでもあると、読者様は動きを止めてしまう可能性があります。

 

同業者や友だちのアドバイスでは改善ができない

お客様
自分では何が専門用語なのかわからない…

という場合は、同業者や友だちではない、何も知らない家族に確認してみたり、冷静にものごとを判断してくれる知人や非同業者、相談しているコンサルタントにブログやSNSなどを確認してもらいましょう。

 

  カイエダ 
私もクライアントの文章をみて「専門用語やカタカナ用語を、もっとわかりやすくしましょう」というアドバイスをしています

なぜ同業者に相談してはダメなの?

同業者にアドバイスを求めることはナンセンスです。

なぜなら、共通言語で話せる仲間だからです。
一緒に話していたら、専門用語が何なのか、当たり前になりすぎて見分けがつかないはずです。

あなたと思考が一緒ですもの。

 

友だちのアドバイスもあてにならないの?

仲良しの友だちも、あなたのお話をいつも聞いているかもしれませんから、すでに情報通です。

あなたの発する言葉は、もうだいたい知っている可能性があります。

 


第三者の視点にたって、あなたの文章を冷静にみてくれる人に相談してみることをオススメします。

 

まとめとして

カタカナ用語の理解は、お客様・読者様のなかでも、もちろん幅があります。

だからこそ、まずはたった一人、理想のお客様像を決めて発信することが重要です。

 

▼参考記事

 

  カイエダ 
伝えたい相手をきちんと決めた上での、言葉の使い方をしていきましょう。

おもてなしブログ®︎最新情報はメルマガから▼

フォローお待ちしています