PPAPから学ぶ「なぜ」の精神

2016年11月4日研究・時事ネタ

最近、世の中で流行っているものといえば…
ピコ太郎のPPAPですよね!!!

 

そもそもなぜ人気が出たのでしょう。

 

ピコ太郎ヒットの「恩人」は、
Twitterで8千万人の
フォロワーを持つアメリカで
人気の歌手
ジャスティン・ビーバー。
Story of Justin [DVD] [Import]

 

彼が「一番大好きなビデオだ」
Twitterで紹介すると、またたくまに
Youtubeの再生回数が伸びたのです。

ピコ太郎のものまねを
ユーチューブで公開する
若者たちも世界中に現れ出しました。

 

なぜこんなに流行ったのでしょう。

今やYouTubeでの再生回数は
すでに7千万回超。アメリカ・ビルボードの
シングルチャート (10月18日発表)で
77位に入るなど、数々の記録を塗りかえた
ピコ太郎。

 

なぜ、こんなに流行ったのか・・・の
一番の理由は

 

わかりやすくて
シンプルだから

です。

テレビで見たのですが、
日本在住の外国人の皆さんへの
街頭インタビューで
「PPAP」の何がおもしろいの?と
尋ねたところ、
ほとんどの方が

「わかりやすいよね!」
と答えていました^^

 

 

とってもシンプルな英語。
特に深い意味のない歌詞。
わかりやすいリズム。
そして短い(笑)

 

この要素。

ブログを書くときの
心構えにとても学べるものが
あるんですよね(^^)

 

難しいことを難しく書くのは
誰にでもできるかもしれないけれど…

あなたは専門家です。

 

あなたのサービスのことを、
誰よりも理解し、
誰よりもわかっているのは
世界中でどこを探しても
あなただけです。

 

それを伝えるには、あなたが
あなたにしかわからない言葉で
語ったり話したりしても、
お客様は理解できません。

 

私も生徒さんやクライアントに
常々お話しておりますが

1つのジャンルで
常識破りなほど深掘りした
知識を研究しつづける
専門家

であるあなたが、お客様に
お伝えするとき、

小学校6年生でも
理解できるわかりやすい言葉で
伝えられる教育家

であっていただきたいのです。

 

 

もちろん、本日参考としてあげた
ピコ太郎さんは
教育家ではありませんし

 

ピコ太郎さんを見習って
わかりやすい歌をつくって
YouTubeにアップしなさいと
言っているわけでもありませんよ。

 

あなたが接しているもの
普段見ているテレビ、
電車の中吊り、雑誌の表紙、
街の看板などなど、
すべて

 

「なぜ」

 

の視点で見てみると、
たくさんのビジネスのヒントが
発見できるはずです。

 

そしてどう自分が理解したのか。
見た瞬間、わかったのだとしたら、

自分がブログやメルマガを書くとき、
お客様が見て(文字でも絵でも)、
一瞬で理解されているのかどうか。

常に自問する癖、
つけてみてください。

 

驚くほど、
ブログ文章を書くときの
視点がお客様に寄っていくと
思いますよ^^

 

 

おためしあれ!