読まれる記事タイトルのコツ7(3)優れている部分をより際立たせる「強調」作戦

ブログ集客ノウハウ,ブログ記事タイトル,開設初期ブログ・認知の深め方

読まれる記事タイトルのコツ7(2)マイナスを避けたい心理作戦

という記事では

人は恐れや不安をなるべく避けたいもの。
そんな心理を先読みして、
恐れや不安を解消することが
わかるようなブログ記事タイトルを
つけてみましょう、と提案しました。

▼バックナンバー
https://fanmake-blog.com/?p=2250

 

今回も、ブログ記事タイトルのコツを
お伝えします。

その第三弾!

 

読まれる記事タイトルのコツ7(3)
優れている部分をより際立たせる
「強調」作戦

 

同じ商品やサービスだとしても、
提供する価値の伝え方次第で
読者様が感じる価値は
大きく異なります。

 

例えば

A「美味しいドーナツたった100円」

というのと、

B「米粉を使ったグルテンフリーで、
しかも油で揚げない
ヘルシーな「焼き」ドーナツが
100円で買えてしまうだなんて衝撃!」

 

焼きドーナツ

というのでは、まったく伝わり方が
異なります(^^)

Bはだいぶ盛りましたが(笑)

  • グルテンフリー生活をしている
    健康思考の方
  • ダイエット中の方

には俄然響くでしょうね。

 

 

この特徴に当てはまらない人
だとしても、

  • 100円で買えることが衝撃って何よ
  • グルテンフリーって何よ

と検索し始めてしまうかも
しれませんよね。
要は「気付き」を与えることができます。
 

 

 

どんなに優れたメリットを
提供するものだとしても、

それが正確に伝わらなければ
メリットが存在しないのも
同じです!!!

 

だとしたら、その優れた部分を
より際立たせて効果的に
伝えたい
ですよね。

 

もちろん、ただインパクトを
与えればいいというワケではありません。

 

メリットの内容や
種類によって最適な伝え方は
当たり前ですが、異なります。

 

例えばこんな言葉をタイトルに
使っていきましょう。

 

  1. 〜すぎる○○
    これは結構、ネットでよく見る表現ですね(笑)
    私もかなり使います。

     

  2. 〜すればするほど○○
    経験や行動を重ねるほど、インパクトを与えたい特長部分がひときわ目立ちます。

     

  3. (誰々)こそ○○
    たくさんの方に読んでもらおうと幅を広げないために、あえて限定感を演出します。よりターゲットに届く記事タイトルにします。

     

  4. ○○で差がつく〜
    差をつけたいという願望を刺激します。

     

  5. ○○と思わせる〜
    理想とする姿をイメージさせます。それで注意を引きつけます。

 

 

 

【例】

  • 肩甲骨はがしで肩こり解消!恐ろしすぎる効果は…
  • エクレア最前線!食べれば食べるほどハマる!クセになる新食感とは
  • Webが苦手なブロガーにこそ読んでほしいWordPressブログで50万PVを達成するための新常識
  • 自然素材で差がつく!天然の素材だけにこだわったアクセサリー10選
  • デキる起業家と思わせるビジネスマナー!一目おかれたいなら習得必須

 

いかがでしたか?
工夫して使ってみてくださいね!
 

 


次回は
(4)難しいかもしれないけど、
命令口調作戦
について
具体例をあげて説明します。