32文字?26文字?記事タイトルの文字数のSEO定義

32文字?26文字?ブログ記事タイトルの文字数の定義

ブログ記事のタイトルは、Googleなどの検索結果として表示された際、おおよそ
26文字以降は「…」省略されてしまいます。なんと・・・

実は、少し前、までは、
32文字以降が「…」
表示されてしまいました。

Googleさんが少し仕様を変えたようです。
>>このような仕様変更は頻繁にあります。
せっかく考えたタイトルも、検索結果として
「きれいに」表示されなければ、
もったいない…という意見もあるようです。

また、ニュース系サイトでは
タイトルを必ず13文字以内
にするという
厳しいルールのところもあるようです。
Yahoo!ニュースの
見出しなどが参考になります。

 

人間が一目でざっと理解できる文字数が13文字程度のようです。

 

もちろん、短すぎても
意味が伝わりませんよね。
何について書いてあるブログ記事なのか
伝わらないのは要注意です。

 

先日、ブログ記事を書いて、
開設からたった2週間で検索上位に
のぼった私のブログ記事タイトルは以下です。

 

アメブロカスタマイズをやっていたWebデザイナーが、やっぱりアメブロのビジネス利用をお薦めできない理由その1
(54文字)

 

ながっ!(笑)

この記事を検索エンジンで検索すると・・・・
こうなるんです。

やっぱりアメブロのビジネス利用をお薦めできない理由その1
(28文字)

短くなってる!

 

実はこれ、
ブログ本体にいれたプラグイン
設定しなおしたため
少し、短くなったのです。

プラグインとは
ブログソフトとして利用している「WordPress」の機能を拡張するためのツール。

こういうテクニックもありますが。。。

私自身、この記事の「惹き」
冒頭の
「アメブロカスタマイズを
やっていたWebデザイナーが」

でもあると思っています^^

タイトルは「惹き」を気にしながら…
様子を見ながら…

私も実験しています^^

 

問い合わせが明らかに増えた
ブログ記事タイトルがこちら。

ホームページに集まる理由はない
(15文字)

短いけれど、インパクトがあって
俄然伝わるタイトルだと思います。

クリックしたく…なりますよね^^

 

大事なのは
「意味が伝わること」

 

最終的に記事がどれぐらい読まれたのか、は
タイトルの文字数よりも他の要因
(タイトルのキャッチーさ、記事の内容など)
のほうが重要になります。

 

記事タイトルの文字数は、
可能ならば26文字~32文字以内、
それが厳しい場合は50文字以内に
収めることが望ましいです。

 

ただし、文字数にこだわりすぎて
わかりづらいタイトルになっては
本末転倒です!

 

ソーシャルメディアで流通したときに

「おっ」
「読んでみよう」
「誰かに教えてあげよう」
と思わせる
タイトル創りを心がけること。

が大事になってきます。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でカイエダ ミエをフォローしよう!


3ヶ月であなたのブログを24時間働く営業マンにする「おもてなしブログ専門家」ビジネスデザイン・コンサルタント。2001年よりWeb制作の道に入り、デザイナー、ディレクターを経験したのち、2007年に独立。現在はブログを軸とした集客からの売上アップを得意とする、デザインも手がけるコンサルタント。 お客様のペルソナのニーズを先取りし「デザインはおもてなしである」をコンセプトにサイト構築を手がける。 自らのブログも含め、構築してきたブログ/Webサイトは300件以上。お客様の不安やお悩みを解決するブログで、ブログ読者様を「おもてなし」することを推奨し、どうすればクライアントのビジネスにおいて、確実に集客できて売上アップにつながるのかを日々実践・探求し情報を発信している。