ページ/セッションとは(Gooogleアナリティクス)

2016年3月6日ブログ用語集,Googleアナリティクス&サチコ

ページ/セッション

「ページ/セッション」とは1セッション中に閲覧されたページビューの平均です。
以下のような3セッションがあったとすると、
合計8ページビューとなり、ページ/セッションは(3+6+1)÷3= 3.33 となります。

  • セッション1・・・3ページビュー
  • セッション2・・・6ページビュー
  • セッション3・・・1ページビュー(直帰)

この指標が見られるレポートは、
【ランディングページ】レポートがあります。
各ランディングページから開始されたセッションが、そこから平均して何ページビューをもたらしたかを分析することができます。

 

レポート>行動>サイトコンテンツ>ランディングページ

ページ/セッション

 

 

ページ/セッションは、
サイト内でのユーザーの回遊性
(要は、1ページだけ見てサヨナラではなく、
何ページも見ていただくこと)を表すため、
ある程度、数値は大きいほうが望ましいと言えます。
いっぽうで、
サイトのメニュー構造や操作方法がわかりにくく、
ユーザーが迷子になっている可能性も考えられます。

ですから一概に大きいほうがいいとも
言い切れません。

またこの指標はあくまで
「平均値」であって代表値でないことは、
他の平均値の指標と同様に
意識する必要があります。