ショーンK 氏 学歴詐称問題から紐解くブログ・セルフプロモーションの重要性

2016年3月18日研究・時事ネタ

ショーンK氏 学績詐称問題とセルフプロモーション

国際派経営コンサルタントとして活躍していた、
ショーンK(ショーン・マクアードル川上)氏。
ご本名は川上伸一郎さんというそうですので、
いわばビジネスネームなのでしょう。

 

この方の学歴詐称問題がテレビやネットで取り沙汰されるようになって、
私が関心を持ったのが「セルフプロモーションの重要性」です。

 

セルフプロモーションとは

 

直訳すると

「セルフ」=「自己」
「プロモーション」=「商品(サービス)を消費者にお知らせし、 かつ購買まで結びつける活動」

となりますね。つなげると「セルフプロモーション」=「自身(のサービスや商品)を消費者にお知らせし、 かつ自身(のサービスや商品)の価値を認知させ、購買まで結びつける活動」ということです。

 

このセルフプロモーションが強力であればあるほど、
インパクトにも残り、印象にも残り、シゴトが取れやすくなります。

 

3秒で共感され15秒でシゴトがとれる
セルフプロモーション

 

これが起業家にとっては「命」といっても過言ではありません。

ショーンKさんは

  • 本当は生粋の日本人 >> ハーフと偽る(演出?)
  • オフィシャルサイトで公言していた学歴はない >> 学歴詐称

それくらい、
3秒で共感され15秒でシゴトがとれる
セルフプロモーションである「国際派経営コンサルタント」
を裏付ける背景を、ショーンKさんは大事にしていたということです。

 

テレビのコメンテーターは、よくテロップで
出自や学歴、肩書きまでもが出ますよね。

見た目がいいと、テレビなどでは重宝されるでしょう。
さらに「インテル、入ってる?」の声の方。
肩書きや学歴も、凄いほうがもっと箔がつきますよね。

ですが嘘はいけませんでしたね。

 

 

 

ブログでいう、セルフプロモーションとは

ブログに置き換えれば、このセルフプロモーションは
ブログタイトルブログサブタイトルを意味します。

 

聞いたことがあるもの
見たことがあるもの
触ったことがあるもの
にお客様は反応しません。

文字とはいえ、日本語は漢字・ひらがな・カタカナを使えます。
アルファベットも組み合わせられるでしょう。
そもそも日本語は、象徴文字のため、
見た瞬間で理解できるという強みがあります。

 

インパクトの大きいブログタイトルのほうが(デザイン的にも)、
本当にその情報が欲しい人のもとに届き、心にも響きます。
嘘はつかずに、お客様の立場になって
お客様のお悩みを解決できる、ブログのセルフプロモーションは考えたいものです。

ブログのセルフプロモーションを考えるときは、
SEO的なキーワードの知識があったほうが理想です。

 

▼参考記事

ブログ記事タイトル冒頭に○○○○○を盛り込むテク。検索エンジンと相思相愛を狙う!

 

ブログタイトルがセルフプロモーションということで、
とても重要であるということがさらにお判りいただけるかと思います。

 

 

さらに大切なのが「信頼」です

未来のお客様が集まってくるおもてなしブログ®では、
とにかく未来のお客様が知りたいお悩みを
解決するような専門的なノウハウを、
無償の教育として与え続ける。

これをやり続けるからこそ、
専門家として認知され、
信頼を勝ち取れるんですよ、と
定義しています。

 

○○と言えばあなた!と認知されるからこそ、
セルフプロモーションが本物にもなるのです。

 

学歴を詐称しても、中身が伴わないと、
じわじわと周りから気が付かれてしまいます。

>>今回は、最近目玉スクープ連発の「週刊文春」さんのすっぱ抜きでしたが・・・。

 

もちろん、最初は誰しも専門家ではありません。
また資格を取ったからといって、すぐに「プロ」かというと、そんなことはないでしょう。
ですが一度口にしてしまったら、
それを事実とするために研究と実践を積み重ねていくのです。
だんだんとお客様の声もいただけるようになり、
それが証明となり、またお客様の声の量と質にこだわっていけば、
いつのまにか○○と言えばあなた!と認知が深まっているでしょう。

 

 

そうなると、夢として語ることは
嘘ではなくなります
そこに向かって、進んでいる姿は、
いっそのこと周りから
応援されるようになるのではないでしょうか。

 

 

 

学歴詐称からくる信頼の失墜は、どうすれば取り戻せるのでしょう。

逆に学歴がなくても、
国際派経営コンサルタントとしての下積みは
海外を周りに回って経済・経営情報を学んできた、など。

ラジオパーソナリティとして各界の著名人から話を聴く機会も多数で、
勉強を重ねたうえ、何百人もコンサルして成功した人続出!

みたいなほうが、かっこいいのでは?

 

と私は思います。
ナレーターや声優さんとしても、
素晴らしい能力をお持ちの方ですので、
突破口はあるのではないでしょうか。

 

一度失った信頼は、シゴトで挽回していくしか道はないです!
おシゴトは誠実に行って参りましょう!(^^)