お客様を惹き付ける「伝わる文章構造」の「理由や根拠」で、納得感を生み出す

   
お客様を惹き付ける「伝わる文章構造」の「理由や根拠」で、納得感を生み出す
   

カイエダ
おもてなしブログ®︎専門家カイエダです。
この記事では、「伝わる文章構造」の「理由や根拠」部分について解説します。

前提として「伝わる文章構造」とは

「伝わる文章構造」とは次のような内容です。
この記事では3〜5番目の「理由1」「理由2」「理由3」についてお話しします。

問題提起なぜ、それをするのか、提案するのか。
結論一番言いたいことを端的に。
理由1結論に至った理由1つ目をのべる。
理由2結論に至った理由2つ目をのべる。
理由3結論に至った理由3つ目をのべる。
結論&誘導結論を改めて言います。
そして、具体的にどのようにしたらいいのか、行動に移せるアクションを1つだけ書きます。

▼詳しくは…

 

 

お客様を惹き付ける「理由や根拠」で納得感を生み出す

「納得感」というのは、読み手の心に浮かぶ「なぜ?」「なんで?」に答え、「理由や根拠」を伝えることで生み出すことができます。

 

「理由」が3つの理由

理由が3つあるのは、1つ2つでは、説得力が足りず、4つ5つでは、クドく感じてしまうからです。

 

 

では、どんな「理由」だったら納得するのか

どれだけ「結論」部分が魅力的だとしても、読み進めてもらえない文章というのは、得てして結論を裏付ける「理由や根拠」が「ない」もしくは「足りない」ことがほとんどです。 

つまり「読み進める理由がない」と判断されてしまうのです。

 

ではどんな理由だったら納得するのでしょう。

 

結論を裏付ける理由や根拠ですが、以下のような内容が含むことをオススメします。

 


カイエダ
文章によって、どんな順番にするのかは、あなたがチョイスしてみてくださいね。
  1. セミナーや個別相談などの「流れ」や「行われる順番」を掲載する。
    流れを「チラ見せ」し、興味を持っていただく。
  2. なぜ、書き手であるあなたが「結論」を語れるのか。
    自分の経験や体験、想いを書く。
  3. なぜ、読み手に必要なのかの根拠を伝える。
    なぜ、この商品やサービスや記事内容が読者様にとってお得なのか?役に立つのか?

    1. 希少性を裏付けるデータや図などを掲載する。
    2. 事例お客様の声を紹介する。
      BeforeAfterがわかりやすいとよい。

 

まとめとして

理由や根拠がしっかりあるから、結論が語れます。
また、この理由や根拠の部分こそが、あなたが専門家たる所以です。

難しく書くのではなく、わかりやすくお伝えすることができれば、なおのこと、あなたの「説得力」が増し、信頼が高まっていきます。

 


カイエダ
理由や根拠を出し惜しみなくお伝えしてみてください!

 

伝わる文章構造・関連記事はこちら▼

フォローお待ちしています